Contents

  BUDDY 13' 3.00lb

  実釣レポ in フランス

  商品詳細とご購入

  BUDDYの特徴

  カープロッドBUDDYでのアラスカ・キングサーモン釣り

TIPS

  カープロッドと遠投

  カープロッドの選び方

  海外のカープロッド

  Carp rod as Pike rod

  デッドベイトのウキ釣り

関連アイテム

  THE QUIVER5

  ロッドケースバッグ

  商品詳細

 CARP RANGE

  カープフィッシングアイテム

  イミテーションベイト

パイクフィッシング概論 ~デッドベイト・フロートフィッシング~

最も手軽で分かりやすいメソッド

 デッドベイトとは即ち死に餌、これをウキ釣り仕掛けで用いるのが今回紹介するパイクフィッシングメソッドである。

このメソッドのメリットは仕掛けが単純でわかりやすく、またウキを用いるのでアタリも取りやすい、更にバイトアラームなど高価な道具がなくてもすぐに始められるという意味で、敷居が低い。更にエサも入手が容易な死に餌であり、いつでも釣りに行くことが出来る。

 

デッドベイトを用いるのは、止水域で透明度の低い水域が最も適している。こういった場所ではバイクは泳がせ釣りよりもデッドベイトによる方が釣り易く、更に大物も狙える。底活性期もやはりデッドベイトは有利で、生き餌を追い回す必要がない為パイクに好まれる。

タックルの選定

ロッド

カープロッドの2~3lbクラス、12ft~13ftが適している。 カープフィッシングよりも幾分柔らかめの物が好まれるが、殆ど差はない。

リール

ラインが3~4号で200m程度巻けるスピニングリールであれば何でも良い。この釣りでは待ちの際にベールを開けて道糸で輪っかを作り、ゴムやラインクリップで止めておくと、急なアタリで竿ごと持って行かれなくて済む。理想的にはカープ用のベイトランナーリールだとこのような工夫も不要で楽だろう。

ロッドポッド

前述の通り待ちの際にラインをフリーにするのでなんらかのロッドポッドはあった方が良い。無論、日本の三脚などでもとりあえずの代用は可。


仕掛けの色々

中通しウキ・寝ウキ仕掛け

非自立の中通しウキをウキ止めで止めて用いる。ウキ止めはビーズと併用すること。

ウキ下は水深の2倍ほど取る。これは仕掛け下部を確実に底に這わせるためである。(パイクが仕掛けに触れるなどして驚かないようにしっかりと這わせる)

 

道糸の先には50cmほどのワイヤートレースと呼ばれるワイヤーと針がセットになった仕掛けが取り付けられている。このワイヤートレースから逆に50cmほど上の道糸に2,3のガンダマを打つ。

 

ここで注意したいのは、当然ながらウキ下がオーバーで非自立のウキは寝た状態にあるということだ。故にアタリはウキがスーと泳ぎ始めることで分かる。こうしておくことで、パイク側には殆ど負荷を感じさせずに食わせることが出来る。(ウキを沈める力が不要なので)こうするために、また、しっかりとライン下部を底に這わせるために、水深の2倍程度の棚をとっておくのである。

 

この方式の難点は、ウキが水面で寝ておりウキより上部のラインは水面に浮いた状態になり、強風下では穂先との間のラインにオバセが出来て仕掛けが動いてしまうことである。どちらかというと近距離で風の弱い状況を釣るのに適している。そこで、水中にラインを沈める方式が取られることがあるが、その際に用いられるのが次の遊動自立ウキ仕掛けである。

遊動自立ウキ仕掛け

サビキ釣りの飛ばしウキのような、ウキのお尻部分にサルカン(リング)がついているタイプの遊動ウキでの釣りである。この遊動ウキは、自立タイプとなっている。

 

この仕掛けを用いるのは強風下でも、また遠投下でも仕掛けを確実に定位置にセットするためである。したがって、キャスト後、ラインを張ったら穂先は水中に沈め、全てのラインが水中にあるようにする。ラインは沈みやすいタイプがお勧め。

 

ウキ以下の仕掛けは先の中通しウキ仕掛けと同じようにする。ウキ自体は自立ウキなので立っているが、やはり仕掛けの下部は底を這っている。

 

ウキ下を水深の倍ほども取ればアタリが出にくくなって呑まれやすくなるという意見もあろうが、此処で仮にウキ下を水深ギリギリにセットすれば、わずかな水面の波や水流で簡単にエサが底から少し浮いたりする不自然な動きをおこすことになる。これはパイクを警戒させる。あくまでデッドベイト、死に餌は死に餌らしくあらねばならない。

 

アタリが出にくくなるという意見も、それほど心配は無用である。ウキ下が長くても、餌が引っ張られればウキに動きは必ず伝達される。また、水の抵抗や水流などで、水面下のラインには一定のテンションはかかるものなので、食い上げ的なアタリであってもウキに動きは出る。また、早合わせはこの手の釣りにはそもそも禁物である。

 

何よりもしっかりとワイヤートレース付近を底に這わせ、餌を安定させることを重視する。

ブッコミ非自立ウキ仕掛け

この仕掛けは凪の穏やかな場面で、クリアウォーターのフィールドで威力を発揮する。こういった場面ではパイクも敏感になっているので幾分繊細な釣りが要求される。居食いや微妙な食い上げは先の2つの仕掛けでは分かりにくい場合がある。というのも、タナは大きく余分に設定され水中のラインには余裕があり、ウキも寝ウキや自立ウキなので即座の反応は出にくいからだ。

 

この仕掛けでは非自立の遊動ウキあるいは、非自立の固定ウキ(ゴム管で止めるようなタイプ)を用いる。ポイントは非自立であるということだ。

 

ウキ以下の仕掛けはやはり前2者同様で、ウキ下を多めに取るのも同じ。しかし非自立ではウキが立たないではないか、となりそうだが、そこでラインを巻いて水中のラインを斜めにし、ウキが立つまで引っ張るのである。いわば、ブッコミ釣りに無理やりウキを付けたような状態である。したがって水中のラインは斜めになり、しかも一直線に張った状態である。これは前2者と異なっている。前2者ではラインは必ずしも一直線ではなく緩やかに余裕のある状態である。一直線にするのは凪の穏やかな状況下でしかできない。というのも、風や波のある状況だとラインが即座に影響を受けて餌を動かしてしまうからだ。

 

先に「水の抵抗や水流などで、水面下のラインには一定のテンションはかかるものなので、食い上げ的なアタリであってもウキに 動きは出る」としたが、もちろんラインが一直線な方が更に感度は良いに決まっている。そして、この非自立ウキ仕掛けでは、ちょっとした食い上げや、あるいは食い止まりですら容易にウキが浮き上がり寝てしまうので、すぐに分かるメリットがある。

 

どうしてもタナを大きく取る必要性を感じない、底一杯の棚で十分ではないかと言われそうだが、それだとやはり少しのテンションで錘からエサまでが動いてしまうことが起きかねない。水面下のラインは一直線なので尚更だ。水深の2倍はオーバーでも、いくらか余裕をもったタナのセッティングで、先述の通りあとはウキが立つようにラインを巻いて調整するのが良いだろう。無論、きちんと底一杯でセッティングされた状態のウキに比べ安定はしないだろうが、ヘラ釣りのような繊細なアタリをウキで読む釣りではない。繰り返すがコンセプトとしてはブッコミ釣りにウキを付けたようなものである。

 

なおこの仕掛けでは穂先は水面すれすれまで下げるが、水にはつけないで置く。穂先からウキまでのラインは水面下すれすれに沈んでいる程度になる。アタリとしてはウキが沈むよりもラインテンションが緩み寝ウキになるアタリが多い。

独特の仕掛け用具

ワイヤートレース

いわゆるワイヤーハリスであり、これにトレブルフックが2つついて最初からセットになっているものが販売されている

パイクの歯は鋭いのでこのようなワイヤートレースが用いられる。

 

このワイヤートレースを詳しく見て行くと、まず道糸に結ぶ最上部にはリングがついておりここに道糸を結ぶ。そのリングの下にはチューブのようなものがついており、crimpと呼ばれる。これはワイヤートレースの絡まりを防ぎ、ネガカリも防止する役目がある。

 

トレブルフックは2つあり、最先端のトレブルフックの上にはやはりcrimpが付けられていて、こちらは針がかりをよくする意味で用いられる。

トレブルフックにはいずれもベイトフラグという目立つ魚形のものが取り付けられている。これはパイクにエサの存在をアピールする狙いがある。

 

さらに写真のトレブルフックの場合、セミバーブタイプつまり3本の針のうち1つのみかえしが付いているというタイプで、ベイトフラグはかえしありの針に刺されている。これにより、針を外す際にまずこのベイトフラグの付いているところを外すという目印にもなっている。

 

ワイヤートレースの長さ、太さ、針の大きさなどは各種あるが、長さに関しては50~60cmが一般的である。太さは7本撚りの30lbステンレスワイヤーなど。

アップトレース

ワイヤートレースの上に更につける場合がある。これは150lbなどという極太のモノフィラメントと、錘がセットになったもので、

ばらしを防止し、ワイヤートレースの交換を楽にしてくれる。こちらの長さもおおよそ50~60cm程度。

エサについて

入手しやすいのは海の魚だが魚が警戒しているときは避ける。匂をつける為の専用の液体なども販売されている。また、体液を出させてパイクを呼ぶために身に切れ目や穴をあけることも有効だ。エサの魚は丸ごと使う場合もあるし切り身にして用いる場合もある。なお、底が汚い、パイクが着底しているエサに警戒しているなどでエサの魚を少し浮かせた方が良い場合もある。これには注射器で空気を餌に刺すか魚ののどの部分に小さなバルサなどの一片を差し込んでおく。するとエサの魚は少し浮いた状態になるが、完全に浮きすぎても良くないのでこの場合、ガンダマをエサの付近にも打っておき安定させるようにする。

アワセについて

早合わせは禁物、ウキに動きがあったら合わせる準備だけしてしっかり待つ。合わせる時は力の限り思いっきり合わせる。これは、中途半端な合わせだと針がエサの魚から離れず、パイクの口にかからないからであり、結果としてパイクは魚を吐き出して逃げてしまうだけとなる。しっかり大合わせすることでエサの魚から針が外れてパイクの口にかかるようにする。


パイクフィッシング用品のご購入は海外輸入釣り具LEELのパイクフィッシングカテゴリーでどうぞ