パイクロッドとしてのカープロッド

パイクロッドとしてのカープロッド

カープロッドとパイクロッドは実によく似ている。はっきり言って12ft,3lbクラスの両者が共にロッドネームやロゴが付いていなければ、一目には分からないだろう。それくらい、この二者は似ており、しばしばcarp/pike rod などと並列される。

だからカープロッドはパイクロッドとして使えるし、そうなればパイク釣りがカープロッドで出来る、ということになる。

しかし、鯉とは違って日本にパイクはいない。

では、パイクフィッシングで用いられるようなデッドベイトメソッドやドリフトフィッシング(泳がせ釣り)が日本で意味を成さないかと言えば、そんなことはない。ターゲットは違えど、これらのメソッドが力を発揮するフィールドは十分存在しているのだ。

ここでは、パイクフィッシングで用いられるメソッドを紹介しながら、日本のターゲットへの活用術を考えてみたい。

パイクフィッシング用品のご購入は海外輸入釣り具LEELのパイク用品カテゴリーでどうぞ