今や通販で容易に海外のカープロッドを購入できる

カープロッドも本場のモノが一番か

海外のカープロッド

 例えばPOLE&LINEストアを併設しているLEELのカープロッドカテゴリーをご覧頂ければ一目瞭然ではあるが、海外のカープロッドももはや入手は容易な状況になりつつある。無論、カープロッドの本場は海外であるから、その種類、価格帯共に非常に豊富であり、所有欲をくすぐられるものも多い。日本のメーカーの逆輸入ロッドから、日本ではカープフィッシング関係の愛好家でなければあまり知らないようなメーカーのものまで、実に様々なものがある。

バリエーションと稀少性が魅力

 このような海外のカープロッドは、そのバリエーションが極めて豊富であるから自分好みのロッドを見つけやすいというメリットがある。例えば国内のメーカーではフルコルクグリップのカープロッドは今のところ見当たらないが、海外のメーカーでは散見される。カープロッドと言えば典型的なミニマリズム的セパレートグリップが一般的だが、一見ルアーロッドの様なコルクグリップは釣り場でも逆に目を引くことだろう。また、テストカーブ、即ちlbについても海外のカープロッドは幅が広い。一般に、日本のコイ釣り師は事カープロッドに関しては硬めのものを好む傾向にあるようだが、海外のカープロッドは2lb台から多く存在しており軟らかめのロッドが好みの方はこれらの方がフィットするかもしれない。

 さらに当然のことながら、海外のカープロッドの日本での流通量は極めて少なく、ともすれば日本では自分しか持っていない、などということも起こり得るのであって、所有欲を満たすにはピッタリという側面もある。誰も見たことのない様なロッドをきっかけに、釣り場での他のアングラーとの会話も弾むかもしれない。

詳しいスペックなど情報が限られている

 一方で、海外のルアーロッドは詳しいスペックなどを十分に得ることのできないものも多い。ブランクスなども極めて低価格なものであればカーボンコンポジットのものなども存在しており、日本の高級機種に慣れた人には物足りなく感じる場合もあるだろう。しかし、逆にそれが自分に合う場合ももちろんあるのであって、一概にどちらが良いというものでもない。ただ、情報が限られているという点では海外のカープロッドの一つのデメリットが存在することは確かだ。一般に日本のユーザーは詳細な情報を求めメーカーもウェブサイト等に極めて詳細にそのスペックなどを公開しているが、海外の、とりわけリーズナブルな価格帯のものはそのような状況に無いものも多い。もっとも、いずれにしてもロッドはスペックだけではその詳細を完全に把握する事等できず、実際に釣り場で使ってみて初めて自分にあっているかどうか分かるものである。そう言う意味では、あまりスペックにこだわらずに分からないことも楽しむような感覚で海外のカープロッドに挑戦してみるのも面白い。幸い、海外のカープロッドは極めてリーズナブルな価格から展開しているのだから。