サケ釣りの竿ならPole and Line

サケ釣りの竿を選ぶポイント

鮭竿の3つの要素

 サケ釣りの竿に求められる性能とは、大きく以下の3つに絞ることが出来るでしょう。

 

 ①強靭なバットパワー

 これはダンプカーの様なサケの疾走を止める為に絶対的に必要な要素です。延べ竿でのサケ釣りは竿のバットが強くなければ竿の破損を招きます。

 リールなしの釣りでの最高峰とも言えるサケの延べ竿での釣りには、やはりサケ釣り専用のロッドの準備が必要でしょう。コロガシ竿などの流用はお勧めできません。もっとも、どれだけバットパワーのある竿でもやり取り如何によっては折れることもあります。胴調子寄りの竿ならば目で曲がりを確認できる程度迄、先調子寄りの竿ならばより浅めの角度までの曲げ込みで対応し、後は自身がドラグとなって竿と糸を守ることが大切です。

 

 ②感度とフッキング性能

 一般に鮭竿は太い穂先の胴調子が多いものです。これはサケの硬い口にしっかりフッキングをさせるためにはそれなりの硬い穂先が必要であるとの考えから来ています。細い穂先の場合、2度アワセ等で対応します。感度については、細い穂先の方が繊細なアタリを取れるという意見がある一方で、太くて硬い穂先の方が緩衝性が低くアタリがダイレクトに伝わるという意見もあります。この辺りはある程度好みの部分が出て来るでしょうが、フッキング能力で言えば極太穂先に確実に軍配が上がります。

 遡上性の魚は一般にアタリが小さく、サケ釣りにおいては、感度というのも重要な部分です。サケの小さなアタリをきちんと捉えるには、無論目印を追うことも大切ですが目印に出ないようなアタリも多く、やはり竿を通じての感触というものも大事にしたいところです。きちんとしたフォームで構え、流していれば、小さなアタリもなんらかの違和感を現すはずです。

 

 ③軽さとパワーのバランス、そして操作性

 いくら強いバットを持った竿だからと言って、例えば一部のコロガシ竿のように自重が600gもあるような竿は一日中振ることは出来ません。また、竿の太さについても、あまりに太い竿は風が吹けば竿の体感自重は何倍にも増し、実用性に掛ける部分があります。また、サケ釣りにおいては単純に仕掛けを流すだけでなく、少し引いたり、止めたりといったアクションを付けることも良く行われます。このような場面で、軽く操作性に優れた竿は有利に働きます。

 一方で、軽い竿や細い竿はパワーにおいて不利なのは致し方の無い事実です。結局のところ、①のパワーとの兼ね合いの中で、必要なパワーと軽さ・細さのバランスの折り合いを見つけて行くことになります。軽い竿は長時間の耐久レースの様な釣りには有利ですが、物理的に軽い竿にはそれなりのパワーしかありません。桜鱒の釣りなどとは異なり、サケ釣りは一日にアタリが何度もあるような釣りであり、有効利用調査の多くでは時間制限もありますので、軽さだけでなくパワーとのバランスが取れた竿を選ぶのが良いでしょう。

 また、大仕掛けを振り込むため胴調子ですっと振り込むだけで仕掛けが飛ぶような調子がベストです。胴が硬すぎる竿は振り込みに体力を要します。

トロフィークラスのサケまで完全対応…エア・ゴライアス8400

鮭、イトウ釣りなどに 超大物用本流竿エア・ゴライアス8400

 エア・ゴライアス8400は、標準的な4号ラインから特大サイズ狙いの8号、10号ラインまで張ることのできる超大物用本流竿です。キングサーモンロッドに次ぐ、国内では十分すぎるパワーを有しながら持ち重りを徹底排除。自重を感じさせない軽快さは何度も振込み、流しを繰り返すサケ釣りに最適です。また、単なる剛竿ではなくレギュラーサイズのサケでも十分楽しめる調子となっており、メインユースの1本に最適です。