鮭の本流釣りタックル

サケ釣り仕掛け概説

  サケの本流釣りにおける基本的なタックルは上図の通り。新潟県・荒川などのように特大クラスのサケでも無い限り、ラインは4号クラスで概ね対応できるだろう。強度的に最も優れているのは結び目が無い通し仕掛けだ。

 

 この様な理由から、特段事情が無ければ基本的には通し仕掛けを用いる。現場で作っても良いが時間的に少しでも有利に立つために予備の仕掛けをいくらか用意した方が賢明だ。

 

 手尻をどの程度出すかというのは好みの問題もあるが、RUDOW8500 のような胴調子でなおかつ先端部が強く取り込みに苦労しにくい竿であれば手尻は長めにとって良いだろう。手尻はある程度取った方が遠方攻略も容易である上、矯めが効きやすくやり取りも有利に運べる。通常の本流竿であれば穂先寄りが弱く長手尻では取り込みに難儀するが、RUDOW8500では先端部が強く比較的長手尻でも楽に取り込めるはずだ。

 

 釣り場の選択について

 

 仕掛けの解説の前に釣り場の選択について少し触れておこう。多くの有効利用調査の場合、管理者の方にポイントを予め伺うことができるだろう。しかし調査区間が長い釣り場の場合、或る程度自力で探す必要も出て来る。サケ釣りのポイント選びは基本的にサケの気持ちになって考えるのが原則である。即ち、サケがどの場所で一息つくのかを考えることになる。それはカーブになっている場所であったり、急瀬の手前であったり、堰堤の下であったりする。また、或る程度の流れの中であれば、必然的に流芯の底やキワとなる。反転流には遡上魚はつきにくい。上流へあくまでも昇って行くことが遡上魚の目的であり、そこに居着くことが目的ではない。流れが殆どないようなトロ場は駆け抜けて行くだけでスル―されやすい。サケは数があるのでサクラマスほどにポイント選びで慎重になる必要もないし、またサクラマスの着き方とも異なる点もある。浅場であればサイトフィッシングが可能なところもあるし、深場でもサケが時折顔を出すこともあるので、視覚的なチェックも怠らないようにしたい。以下、主なポイントの例を列挙する。

・流れ込み、急瀬の直下の淵頭、堰堤の下など、サケがたまる場所。1級ポイントである。ポイントが絞り易く魚の数も多い。バブルラインに沿って流芯の下を探る。流芯から外れると魚の数は格段に減る。

・川幅が広くフラットな瀬はある程度の流れと水深があり魚が素通りせずある程度定位する筋を探る。

こういった場所は流れの筋が1つではなく川幅も広い為確率論的にはやや劣るが、産卵床などができやすく魚の数が多いこともある。こういったポイントでは部分的な深場などはあまり狙わずにフラットの中の筋を探す方が良い。

・ある程度の水深があって流れも緩い淵の様な場所は緩い中でも流芯付近を探るのがポイントだが、中層に浮いていることも多いのでタナは幅広く探る

・逆に好ましくないポイントとしては、流れの無い浅場(素通りされるかそもそも魚が通らない)、流れの無い深場(河口付近だと魚は入っていることもあるがタナ、筋共に魚がバラケやすく確率が下がる)、流れの強い浅い瀬(定位しにくく素通りされやすい。魚の背が見えるほどの浅場はまずあまり好ましくない)、反転流、渦(あまり遡上魚が付かない)。

淵は淵尻よりも淵頭のほうが魚が溜まり易い。瀬も段差がある所の尻よりも頭の方が良い。サクラマスのように遡上に時間をかけないため進めるエリアはどんどん進んでいく傾向にあるように感じる。



 穂先のライン接続について

 大物釣りではいくら通し仕掛けを用いても常にこの部分がウィークポイントとなる。ビミニツイストなどの撚り糸を作った上でのチチワが理想的だが、普通のチチワでも二回付けにしておけば或る程度は安心できる。

 

 リリアンについても配慮が必要だ。不安な人はリリアンの付け根をスレッドで補強する等の対策も有効。基本的にはシンプルな直付けリリアンが強度的には最も優れている。最近の本流竿は金属トップや回転リリアンが多くみられるが純粋に強度を求めると余計なものの無い直付けがベストである。

 

 更に言うならば、昔良く見られたような輪っかタイプのリリアンに接続するのが理論上は最も優れているが、仕掛けの交換等の手間を考えるとやはり、直付けリリアンがベストと言えるのではないだろうか。

 錘と振り込みについて

 エサがルアー並の大きさであるから、当然これを沈める為の錘も大きくなる。通常3B以上、5B程度から始めても良い。流れが緩い場所でもエサの水中での抵抗があるので軽い錘では仕掛けが安定しにくい。

 

 鮭に関しては自然な流しよりも操作性が求められるので、あまり遠慮せずに大錘を用いた方が良い。振り込みもエサが大きいのであまり大振りせずに、サイドスロー気味にキャスティング時の空気抵抗を出来るだけ減らしながら投げる。むやみに力任せに振るとエサが身切れして飛んでしまうこともある。通常のヤマメ釣りとはこのあたりはやや勝手が異なるでの注意。十分な重さが餌と錘であるならば、ダブルハンドでのアンダースローで投入しても良い。

 

 錘の位置はしばしば議論の的となる問題だ。一般的に遡上魚狙いの場合聞き流し、ドラグを掛けた流しで魚にしつこくアピールし、小さなアタリをきちんと取る必要があるので、自然な餌の流れよりも感度重視で物事を決定した方が良い。したがって、錘の位置はあまり針から離し過ぎない方が良い。おおよそ40cmを基準に、状況によって30~50cm程度の中で調整する。なお、いくら感度重視だからといってあまりにも針に近すぎる錘セッティングは好ましくない。ある程度の長さがあることで餌がふらふらと泳ぎ魚にアピールするからである。海に近い釣り場の場合は捕食性を残している魚もおりそのような場合は自然に流すことをこころが他方が良い場合もある。この場合は捕食性の魚を釣る時のように70~80cm程度とるのもよいだろう。

 流し方、流すタナについて

 基本的にはドラグをかけた流しで底付近を丁寧に流す。サケの鼻先に餌を持って行ってやるようなイメージでしつこく流す。リアクションバイトが往々にしてあるのでイレギュラーな動きをさせることも有効。止めて浮き上がらせたり、それをまたフリーフォールさせたり、ストップ&ゴーのようなアクションも選択肢の一つ。意図的に餌を引き操作することも。こう言った意味でルアー釣りに精通している人は有利かもしれない。

 

 流すタナもサケが上ずっているときは中層から表層でアタリが出ることも多い。時折サケが水面から頭を出す事もあるのでよく観察しておきたい。こういった棚での流しは通常の本流釣りとは趣が異なり違和感を感じる方もいるかもしれないが、サケ釣りではあまり型に囚われず色々試した方が結果は良いようである。また海に近い釣り場では中流域の釣りとは異なるアプローチが求められることもある。

 

 原則として、海から近い釣り場で流れがさほど強くない(なおかつ水深がある)ポイントでは魚が海の感覚で中層を泳いでいることも多いため浅目を流す。逆に流芯のように中層に定位出来ないポイントや瀬では底付近を流す。流すスピードは、前者ではナチュラルドリフト気味に、後者では極めてデッドスローに流す。特に海から距離のある釣り場では中層狙いであってもデッドスローに流した方が良い。遡上後時間がたったサケは口を使わないのでとにかく鼻先に餌を止めてやる感覚で狙う。

 合わせからやりとりについて

 目印が止まるようなアタリが多いので、まずは聞き合わせを行い魚信があれば追い合わせを行うのが基本的。アワセはしっかり、それ単体で行い、魚に引っ張られただけではアワセは決まっていないと考えるべき。アワセは出来るだけ上方向に行う。流し終わり等ではこれができにくい場合がある。サケの顎は硬いので針先は常に鋭くしておく必要がある。爪に引っかからないようでは針先が甘い。針はオーナーばりのサルモ15号から管付きの伊勢尼針、丸セイゴ針の20号クラスなども流用できる。超大型を狙うならばがまかつ社の剛力鮭鱒なども良いだろう。針の大きさはおおよそ15~22号程度が良く用いられる。サケの口は確かに大きいが幅は狭めであり、やみくもに大きな針が有利かというとそうでもない。サルモ15号は一見小さめであり丸セイゴの20号でも海のアキアジ釣り用の針にはもっと大きなものも多く、より大きな針を用いたいという衝動にかられるかもしれない。一旦針がかりした後の安心感は大きな針にはあるのだが、しかしながら仕掛けとのバランスも考え一般的なサイズの針を用いた方が良いだろう。というのも特にスレている場合針があまりに大きいと食いに影響する事もあるようであるからだ。

 

 魚がかかれば一気に竿を曲げて行き、出来ればそのまま取り込みに繋げていくのが良い。竿は魚が走って結果的に曲がるのではなくこちらの意思で曲げて行くという構えが必要だ。一旦走りだして助走が付いた魚を止めるのは難しい。走りだす前にこちらが主導権を握ることが肝要である。長手尻で遠方を攻めているならば竿をただ立てるだけで竿を限界まで曲げることになろうが、近くで掛けた場合は後ずさりしてしっかり竿を曲げてやることが必要となることもある。逆に、魚があまり大きくないことが明らかな場合、オープンスペースで魚とのやり取りを楽しみたい場合は、敢えて魚に任せ魚の引きによる曲げ込みを待つのも一つだ。RUDOW8500のような胴調子竿は曲げ込んでのやり取りが最も楽しいものである。

やりとりは竿をやや寝かせて行い終盤で立て竿にする余り寝かせすぎると針がかりの場所によっては鮭の口の形状上抜けやすくなる。一方ずっと立て竿だと沖に走られやすいし無駄な力が必要になる。

 釣りの時期、時間帯について

 まず時期としては、傾向としては終盤に近づくほど数は出るが、型は比較的早めの方が良いようであり、これは多くの河川で同様の傾向があるようだ。とはいえ、その日の気候や諸条件、また釣り場で釣果は大きく変わる。近隣の人は良いが遠征組の人は過去データを参照しつつ慎重に釣行日を選びたい。多くの漁協がホームページで過去の実績を公表している。

 時間帯は、そもそも有効利用調査であれば時間帯が制限されておりその時間帯で釣るしかない。早朝のスタート時が良く釣れるとか、午後が釣れるとかといったことは、釣り場釣り場の状況や日によっても変わり特段の法則性はないように思われる。ただある程度時合は存在し、周りが釣れ出したならば臨戦態勢に入るのが望ましい。

鮭釣り仕掛けのチモトの保護
鮭の歯は鋭くハリス切れを起こす危険があるのでしばしばウレタンチューブによる保護が有効となる。

 タコベイトをセットする場合、ウレタンチューブの上にこれをかぶせることになるが、その際タコベイトの頭の中あるいは上に、一つガンダマを打ってやると抵抗が大きく浮き上がり易いタコベイト仕掛けが安定しやすくなる。またタコベイトがずれて針まで落ちるのを防ぐこともできる。逆に流れが弱い場所では発泡スチロールチューブを噛ませて浮力を確保しないと餌が底層流では沈んでしまう事もある。

鮭釣りの基本的な餌

 鮭の本流釣りにおけるもっとも基本的な餌はサンマの短冊である。生サンマを数匹用意し三枚おろし、図のように短冊に切り、一度塩に漬け水分を抜いておく。 塩は振りかける程度ではなかなか水分が抜けない。ある程度硬く締めた方が振り込みの際などに身切れせず楽であり食いにもあまり影響が無いので相応に硬くするように心掛ける。ただし海から近いポイントの場合鮭の食性が残っている場合があり、こういうポイントでは軟らかなサンマ、新鮮なサンマに軍配が上がることもある。イメージとしては塩の中にサンマを埋める感覚で、塩漬けを行う。何度か塩を換えて繰り返すのも良い。出来上がったら保管はクッキングシートを敷いたタッパウェア等に入れて冷蔵庫へ。遠征するならば冷凍する。使う際はこれを上部から通し刺しにして用いる。なおタコベイト、サンマ共にいわゆるタラシが長いとつつかれるだけで終わり易いので針から餌の終端までは短めになるように調整する。針のサイズによっては太短いサンマを用いても良い。

 

 他にイカの短冊(食紅で赤く染めると良いこともある)も有効。アピールが有効な状況ではタコベイトを併用することもあるが、魚が多い時期にはエサだけで十分である。なおタコベイトは基本的にピンク色~赤色に実績がある。


RUDOW8500 全国送料無料!

全国送料無料!!

お支払いはクレジットカード(VISA/MASTER/AMEX)、クロネコヤマト代金引換、銀行振込からお選びいただけます。

¥46,250

  • 在庫あり
  • お届け日数:1~3日

RUDOW 8500  POLE&LINE ダイレクトショップ販売価格(税抜):46,250円(税込49,950円)