エアゴライアス 大物用延べ竿

サケ釣り用本流竿 エア・ゴライアス8400 徹底解説

夢はメーター、10kgクラス…あらゆる大物に延べ竿一本で挑む

 鮭を延べ竿で釣るということが、一昔前に比べてはるかに一般的になりつつある。POLE&LINEが初めてサケ釣り用本流竿A.P.S8500をリリースした当時は、大手メーカーでもサケ釣りに用いるような大物用本流竿のラインナップは限られており、まだまだ発展途上の段階であった。それから10年も経っていないのだが、現在、各社とも大物用本流竿、延べ竿を続々とリリースしており、アングラーにとっての選択肢は確実に増加した。

 鮭の本流釣りそのものも大きな進化、変化を見せ、太糸化の傾向はとどまることがない。最近では10号クラスのラインを用いるアングラーも増え、かかった大物は確実に獲る、というスタイルが浸透しつつある。

 一方で、サケ以外の大物を延べ竿で釣る、「大物延べ竿」の世界も着実に広がりを見せつつある。大手メーカーがこの分野にスポットライトを当て始め、またアジア圏などでアオウオやレンギョ、オオナマズやチョウザメなどを延べ竿で釣る手法がクローズアップされる中、リール竿とは比べ物にならないスリリングなやり取りをもたらす延べ竿での大物狙いに着目し始めた国内の釣り人も多い。

 非常に高価なキングサーモンロッドは今までにも市場に存在していたが、ここで一度、メーター、10kgに迫るようなクラスの魚を魚種の境界なしに「延べ竿大物釣り」として獲れるような、なおかつ鮎竿に迫るような高価なものではなく、新たにこの世界に入るのを躊躇しない程度の価格帯の竿、そんな竿の需要が高まっているといえよう。

 エア・ゴアライスはこのようなコンセプトのもと企画開発された、超大物用本流竿だ。あくまでもサケ釣りを第一義的なメインユースとしてとらえながら、海などの新たなるフィールドにも対応できる汎用性、強靭さを有している。本稿では、このエア・ゴライアスの詳細な特徴について徹底解説したい。


エア・ゴライアス8400 仕様

主な特徴

■キングサーモンロッドに次ぐパワーを有する対モンスターロッド

 ラインは6号~8号をメインに根ズレ対策を視野に最大10号まで対応

■通常のサケ竿を上回るパワーながら持ち重りを徹底排除。サケ釣りの基本動作が快適に。

 RUDOW比約20%の持ち重り減。自重が50g以上軽い他社サケ竿よりも持ち重りは少ない。

 振り込み、流し、アワセ、やり取りの全てが疲れなく快適に行える

■高弾性40トンカーボン×アンチツイスト構造により細身肉厚に仕上げられた強靭なブランクス

 魚の体力をしっかり奪う高反発と、のされかけた際に最後の砦となる粘りを両立。垂直方向の引きにも耐える強度で海の大物釣りにも対応。風の抵抗を受けにくい細身肉厚設計。継数を8本に抑え元径26mmを実現。

■全節玉口カーボンクロス補強

 ウィークポイントとなりやすい玉口をカーボンクロスで補強。デザイン性も高まった。

■ストリップグリップ仕様

 サンマ餌や海釣りでのコマセなどで汚れや匂いがつきやすいグリップ加工を排したストリップグリップ仕様。経年劣化やべたつきのリスクがなくなり、必要に応じ熱収縮チューブなどでカスタマイズすることも可能。グローブの使用も有効だ。

ブランクスは滑らかで段差が無く、見た目にも美しいブラックフラットコーティング

 無駄な樹脂を強度に影響がないレベルで削ぎ落し、必要十分なコーティングを施すことで段差のない滑らかな表面塗装を実現。自重の軽量化と共に置き傷がついても塗装面がカーボンを保護。

■ロングコートリリアン

 誰にでも使いやすく強度のある直付けリリアン。通常よりも長い接着部分を確保し万全の強度とした。

■金属製口栓と元竿玉口リング

 高級感あふれる金属製の口栓とこれにマッチする元竿玉口リング。

■金属製尻栓受け+金属製尻栓

 両者とも堅牢かつ高精度な金属製にすることで経年による尻栓の緩みを防ぐ。また尻栓には尻手環が付属し様々な釣法に対応。

■専用ニット竿袋付

■エコパッケージ仕様

 

仕様

標準全長8.38m

標準自重450g

継数 8本

先径 2.1mm

元径 26mm(グリップ加工部は29mm)

仕舞寸法 135.5cm

参考適合ライン 3~10号

カーボン 99%

POLE & LINE 釣竿に関する一般的な注意

ダウンロード
一般的な注意.pdf
PDFファイル 352.9 KB

エア・ゴライアス8400  POLE&LINE ダイレクトショップ販売価格(税抜):44,980円(税込48,578円)


AIR GOLIATH8400 関連コンテンツ