サケ釣り用本流竿 エア・ゴライアス8400 徹底解説 Part3

逐条解説・適合ラインについて

大物延べ竿 エアゴライアス

 エア・ゴライアスの参考適合ラインは3~10号となっている。参考とあるように、これはあくまで目安である。明らかに、0.1号のラインは不適であるが、では2号ラインは使えないかと言われればそんなことはない。上限についても、応援団スタイルでの5号ライン使用と、深い曲げ込みでの3号ライン使用では、どちらが竿に負荷がかかるかは一概には言えない。一応上限は10号としているが、これは根ずれなどを考慮したもので、単純な引張強度の比較ではない。

 

 曲げ込みの度合いによって、相当に適合ラインは変わってくる。ただ言えることは、大物用本流竿はその外観や適合ラインの太さから、よほど乱暴な事をしても折れない様な印象があるかもしれないが、瞬間的な衝撃にはカーボンの特性上弱い側面がある。従ってネガカリであおったり、瞬間的に曲げたりするような行為は避けるようにして頂きたい。また、近くを釣っているときに大合わせすると、竿先を大きく後方に倒したのと同じ格好になり、先端部が折れることがある。これも注意されたい。サケ釣りでは追い合わせを行うことも多いが、決して無茶はしないようにしたい。

逐条解説・リリアンについて

エアゴライアスのリリアン

 エア・ゴライアスのリリアンは非回転式の直付けリリアンタイプとなっている。強度を最優先し、撚れ防止は二の次とした。昨今は金属トップの採用が目立つが、思わぬ仕掛けの抜けなどがあったり、渓流・本流釣りに普段親しんでいない人はやはり昔ながらのリリアンの使い勝手が良いだろう。

 

 今回、エア・ゴライアスは超大物用本流竿ということで、接着部分を3cmと極端に長くとった「ロングコートリリアン」を採用。十分な強度が確保されている。

逐条解説・ストリップグリップについて

本流竿 エアゴライアスのグリップ

 通常、サケ竿のグリップはしっとり加工などすべり止め加工が施されていることが多い。しかし、エア・ゴライアスはこのような加工は一切なしのストリップグリップ仕様となっている。これは、経年劣化による美観の毀損やべたつきを防ぐ意味と、サンマ餌や鮭釣り以外の延べ竿大物釣りで用いられるオキアミ、アミエビ、ダンゴ、その他の餌の汚れや匂いがしみつくのを防ぐためである。すべり止め加工がないと滑るのでは?と思われるかもしれないが、実際よほど立ちこんで濡れていない限りさほど滑ることはないし、滑りにくいフィッシンググローブをはめれば塗れていても全く問題ない。それでも気になる方は、熱収縮チューブをお好みに応じ被せてしまえば、グリップの置き傷も防ぐことができ、オフシーズンは剥がしてしまうことも可能だ。なお、熱収縮チューブを被せたまま濡れた状態や湿度の高い状態で長時間保管するとその下の塗装にブリスターなどが発生する危険があるため注意されたい。

逐条解説・ブラックフラットコーティング(塗装)について

超大物用延べ竿、エアゴライアスのブランク塗装

 中節のブランクスの塗装は、一般的なテーププッチの段差を残した塗装ではなく、無駄な樹脂を強度に影響が出ないレベルで削ぎ落した上に塗装を施した、滑らかで平坦なブラックフラットコーティングとなっている。見た目にも美しく、振出時の抵抗も少ない。段差の残った一般的な塗装は、無駄な樹脂による重量増を薄い塗装で相殺しているが、大物相手のこの手の釣りでは必要に迫られて竿を一時的に置いたりすることも多く、薄い塗装は少しの置き傷でカーボンに影響が達する可能性がある。一方でエア・ゴライアスのブラックフラットコーティングは、無駄な樹脂を削ぎ落し自重減を稼いだうえで必要十分なコーティングを施しているため、ちょっとの置き傷でカーボンに影響が及ぶことはない。黒色の平滑塗装表面のため、一般的なクリア塗装に比べ微細な傷やくすみがやや目立ちやすいというデメリットはあるものの、肝心の内側のカーボンをしっかり守るという塗装の実用面では一般的な塗装を凌ぐメリットがある。

逐条解説・口栓、尻栓について

鮭釣り用延べ竿 エアゴライアスの口栓
サケ竿 エアゴライアスの尻栓

 高級感あふれる金属製の口栓とこれにマッチする元竿玉口リングを採用。また、尻栓についても金属製尻栓受け+金属製尻栓を採用した。両者とも堅牢かつ高精度な金属製にすることで経年による尻栓の緩みを防ぐことができる。また尻栓には尻手環が付属しウキ釣りやブッコミ釣り、垂らし釣りなど様々な釣法に対応できる。

逐条解説・パッケージング、付属品について

For you and earth

 エア・ゴライアスのパッケージングは、一般的なPETケースによるものではなく、リサイクル、リユース性に優れた不織布竿袋を採用している。これは、いわゆる店頭での陳列時に最も効果的なPETケースではなく、実用性として、最も使い勝手のあるパッケージとして採用したものだ。海外のルアーロッドなどでよく採用されている不織布竿袋は、通気性が良く家での保管にも向く。POLE&LINEでは、従来の陳列における最適化によるパッケージングの選択ではなく、実用性と環境への配慮を主眼としたパッケージングの選択を行っている。

 

 付属品として、専用のニット竿袋がある。最も容易かつ安全に延べ竿を収納できるニットタイプの竿袋は、今も昔も多くの延べ竿の付属品として用いられている。緩衝性にも優れ、大切な竿をしっかりと守ってくれる。

本流竿エアゴライアス用ニット竿袋

POLE&LINE エア・ゴライアス8400 全国送料無料!

全国送料無料!!

お支払いはクレジットカード(VISA/MASTER/AMEX)、クロネコヤマト代金引換、銀行振込からお選びいただけます。

¥44,980

  • 在庫あり
  • お届け日数:1~3日

エア・ゴライアス8400 仕様

主な特徴

■キングサーモンロッドに次ぐパワーを有する対モンスターロッド

 ラインは6号~8号をメインに根ズレ対策を視野に最大10号まで対応

■通常のサケ竿を上回るパワーながら持ち重りを徹底排除。サケ釣りの基本動作が快適に。

 RUDOW比約20%の持ち重り減。自重が50g以上軽い他社サケ竿よりも持ち重りは少ない。

 振り込み、流し、アワセ、やり取りの全てが疲れなく快適に行える

■高弾性40トンカーボン×アンチツイスト構造により細身肉厚に仕上げられた強靭なブランクス

 魚の体力をしっかり奪う高反発と、のされかけた際に最後の砦となる粘りを両立。垂直方向の引きにも耐える強度で海の大物釣りにも対応。風の抵抗を受けにくい細身肉厚設計。継数を8本に抑え元径26mmを実現。

■全節玉口カーボンクロス補強

 ウィークポイントとなりやすい玉口をカーボンクロスで補強。デザイン性も高まった。

■ストリップグリップ仕様

 サンマ餌や海釣りでのコマセなどで汚れや匂いがつきやすいグリップ加工を排したストリップグリップ仕様。経年劣化やべたつきのリスクがなくなり、必要に応じ熱収縮チューブなどでカスタマイズすることも可能。グローブの使用も有効だ。

ブランクスは滑らかで段差が無く、見た目にも美しいブラックフラットコーティング

 無駄な樹脂を強度に影響がないレベルで削ぎ落し、必要十分なコーティングを施すことで段差のない滑らかな表面塗装を実現。自重の軽量化と共に置き傷がついても塗装面がカーボンを保護。

■ロングコートリリアン

 誰にでも使いやすく強度のある直付けリリアン。通常よりも長い接着部分を確保し万全の強度とした。

■金属製口栓と元竿玉口リング

 高級感あふれる金属製の口栓とこれにマッチする元竿玉口リング。

■金属製尻栓受け+金属製尻栓

 両者とも堅牢かつ高精度な金属製にすることで経年による尻栓の緩みを防ぐ。また尻栓には尻手環が付属し様々な釣法に対応。

■専用ニット竿袋付

■エコパッケージ仕様

 

仕様

標準全長8.38m

標準自重450g

継数 8本

先径 2.1mm

元径 26mm(グリップ加工部は29mm)

仕舞寸法 135.5cm

参考適合ライン 3~10号

カーボン 99%

POLE & LINE 釣竿に関する一般的な注意

ダウンロード
一般的な注意.pdf
PDFファイル 352.9 KB

※海水使用時は各金属パーツ部分は必ず真水で洗い流すようにしてください。

※「ブラックフラットコーティング」は黒色の平滑な塗装面のため、通常のクリアコーティングされたブランクスに比べ伸縮による薄い線傷やくすみ等が光線の加減によっては見えやすいことがあります。振出竿の性格上、これを完全に排除することは困難ですので予めご了承ください。実用上は全く問題ございません。

※篏合(継部分)については、竿は一本一本手作りで作られているため個体により多少の長さの差異があります。また、竿を伸ばした際に篏合の太くなった部分が1~2cm程度出る場合がありますが、これは異常ではありません。なお、個体や節により殆ど出ない場合もあります。

エア・ゴライアス8400  POLE&LINE ダイレクトショップ販売価格(税抜):44,980円(税込48,578円)


AIR GOLIATH8400 関連コンテンツ