本流竿でのサケ釣り

のべ竿大物釣りに最適な竿の長さとは

長さは力か?

 本流釣りで竿が長いのは、何も川幅が広いからという理由だけでは無い。相手にする魚が大きいので、長いという側面もある。

仮に魚が足元にいくらでも来るからと言って、2mそこそこののべ竿で50cmのニジマスが上げられるだろうか。無論、極太のブランクスで2mの竿に太いラインを付ければ強引にゴボウ抜きは出来るだろう。しかし、細糸でやりとりをきちんとしながら釣るのなら、竿はある程度の長さがあるほうが有利になる。同じパワーのブランクスを用いていたとして、4mの竿と8mの竿では後者が単純に前者の倍強いとは言わないまでも、前者よりも魚を上げられる可能性が高まるのは明らかだろう。

 

 理由は、色々考えられようがいくつか分かり易いものがある。第一に、長さが倍になればカーボンブランクスの量も倍になり、例え同じ肉厚だとしても魚を寄せる力が増すのは明らかだ。次に、魚が走っても竿に長さがあるのでいきなり魚を止めることにはならず、結果としてラインブレイクが起きにくい。いわゆる、竿がのされる状態になるまでに余裕がある。さらに、竿が長いということは糸も長い。ナイロンラインはクッション性に優れ、長いラインは極端な例でいえばゴムのような働きもしている。

逆もまた真なり

 こうなると長竿は大物延べ竿釣りに有利に思えるが、逆のことも言えるのが難しいところだ。例えば長竿は魚が走る余裕があると言ったが、これは言い返せば簡単に魚を走らせてしまうということ。どんな動くものもそうだが、一旦走りだしたものを止めるよりも、そもそも走りだそうとしているものを止める方が物理的に有効であるのは明らか。さらに竿が長い方がブランクスのパワーが増すと言うがそれよりも短くて硬い(太い)竿を用意する方が手っ取り早い。これに強靭なラインをつければ勝負はすぐにつく…。が、そこに釣趣はあるのだろうか…??

 長竿は持ち重り、風の抵抗など一日中構え続ける本流釣りでは不利な要素もある。仮に置き竿での釣りを仮定したとしても、長くて持ち重りのする竿は竿を立てる段階で不利になる。即ち、竿を立てるまでは竿自体の長さと重さが魚側の味方をし、竿を立てる際の抵抗となるのである。

何事も程度が大切、しかし短竿と長竿の議論が止むことはない

 実際のところ、一般的に販売されている大物用ののべ竿の長さこそが、のべ竿大物釣りの竿の長さの解でもあろう。いわゆる本流竿の長さが7~10m、鯉竿などが4~7mといったところだが、純粋にメータークラスとのやり取りのみを考えた場合、一般的な体力では7~8mあたりに最適な長さが見出されるのではないだろうか。この長さはダブルハンドでそれなりに楽に扱える自重に収まり易く、かつ風の抵抗などでの疲労を考慮してもまだ我慢できる範囲になるだろう。事実、多くのサケ竿が8m前半、そして鯉竿の最重量級が7mクラスが多い。実際には、そもそもポイントに届かないと意味が無いので9mクラスの竿も用いられることになるが、単純に大物とのやり取りを考えた際、長さと短さはそれぞれメリットとデメリットを持っている。どちらをとるかはアングラーが決めるべきことだが、それぞれのメリット、デメリットをきちんと把握したうえで、それをカバーするやりとりや仕掛け作りを行うことは、大物への一歩となることは間違いないだろう。

 

長竿を用いる場合の注意点

・魚に走られやすい分、かけたらすぐに竿をしっかり曲げ込みに行く

・長くて硬い竿は持ち重りが大きく、掛けた際に必要以上に魚を大きく感じやすいので留意する。長竿ならば短竿よりもややパワーを落としてモデルを選択するのも一つだろう。

 

短竿を用いる場合の注意点

・魚にテンションがすぐに伝わる分、手尻を長めにするなど余裕を少しでも作るようにする

・本流釣りなら流し終わりギリギリでかかると、置き竿であれば仕掛けを遠方に張り過ぎると魚がかかった際すぐにのされ無駄なラインブレイクを招くだけなので

少し余裕を持って流す、或いは仕掛けをセットする。

・竿や仕掛けのパワーは長竿よりも強めにしておく

See also