本流釣りの対象魚別タックルと仕掛け~ヤマメ、サクラマス、サケ…~

本流大ヤマメ釣りタックル

本流大ヤマメ釣りタックル

 この仕掛はおおよそ40cmまでの魚を想定したものです。尺アマゴなども同様のタックルで狙います。ロッドについては、大ヤマメ釣りには穂先がしなやかで柔軟性のある“Gaun”がお勧めです。食い込みも良く、ドリフトも安定しますし、ロッドパワーは幾分過大ながら、よく曲がるのでやりとりも楽しく行えます。ラインは1号を基準に適宜。流し方はナチュラルドリフトをベースにしながらも、或る程度の重さの錘でしっかり沈めてやることが必要になって来ます。


サクラマス釣りタックル

サクラマス釣りタックル

 サツキマスやアメマス、本流ニジマス、そしてブラウントラウトなど、中~大型のマス類も同様のタックルで狙います。60cm、70cmクラスも考慮して狙っていく以上、A.P.S 8500が適しています。ラインは1.5~2号としましたが、状況によってはもっと太いものを使うこともあります。流し方はサクラ、サツキのような遡上魚の場合はドラグをかけた流しをベースにします。遡上魚以外ではナチュラルドリフトをベースにしますが、イレギュラーな動きに反応する事もあります。あまり定説にこだわり過ぎずに色々なドリフトを試してみるのがベストです。


鮭釣りタックル

サケ釣りタックル

 本流釣りの究極のターゲット、サケを狙う竿としては強靭な先端部とバットパワーを誇る RUDOW8500 が最適です。ラインは RUDOW 8500 ならば3号~4号程度を基準にします。大物狙いの場合、曲げ込み過ぎないなど注意すればこれよりいくらか太いラインを使用する場合もあります。サケ釣りでの仕掛けの流し方はルアーのようなアクションを加える方法や、表層を流す方法等、通常の本流釣りの仕掛けの流し方とは幾分異なりますので注意が必要です。ただし、ベースとなるのはあくまで遡上魚ですのでドラグをかけた流しとなります。タックル詳細はこちらの鮭釣りタックル例ページにもございます。


本流釣り入門 その他のコンテンツ