本流釣り入門~仕掛けの流し方~

本流釣りにおける仕掛けの流し方とは…?

 おそらく脈釣りを初めて経験される方にとって、ウキの付いていない仕掛けを流れに乗せて流すというのがいったいどのようにしてなされるのか、というのが最も難しい問題ではないでしょうか?

 本流釣りで行う脈釣りには、大きく分けて2種類の流し方があります。1つはラインを立てたナチュラルドリフトと呼ばれるタイプのもの、そしてもう一つはラインを斜めにしてブレーキをかけながら流すドラグドリフト、聞き流しと呼ばれるタイプのものです。
 いずれの方法でも、仕掛けは川の底の水流に乗ってゆっくりと流れるようにするのが基本。ここでウキがあると表層の速い流れに押されてウキが仕掛けを引っ張ってどんどん流されていきます。脈釣りの利点は、このウキをなくすことで表層の流れにとらわれず、仕掛けを急流下でもじっくりと流す事が出来ることにその1つがあります。
 ゆえに本流釣りの仕掛けの流しというのは水流がある場所を前提とした話になってきます。それはラインを立てた流し、斜めにした流しでも同じこと。流れの緩やかな下流ではそもそも思うように仕掛けは流れてくれません。練習をする際は実際の本流釣りの釣り場やそれに準じる場所で行うようにしましょう。

立て糸での流し(ナチュラルドリフト)

立て糸での流し

 いわゆる渓流釣り、本流釣りよりももっと上流で細糸を使ってヤマメ等を釣るスタイルでは、このラインを立てた流しが主流です。
 この流し方はナチュラルドリフトと言われるタイプのもので、仕掛けを文字通り川の底の流れ、即ち底波に乗せて流していくというものです。この流し方では、錘と竿先の間のラインはほぼ垂直になっています。ただ、これは決して吊り下げているのではなく、底波に乗っている仕掛け(錘+餌)に穂先を追従させながら、その間のラインを張らず緩めずの状態にしている、という、微妙な感覚の上に成り立っているものです。

 

 これを実現するには、適切な重さの錘セッティングと、まず仕掛けを底波にうまく入れるということが大切です。錘については、重すぎると底波に乗ることなく川底に沈んでしまい、これを防ぐには穂先から吊下げるようにせざるを得なくなりますが、この吊下げたような流しでは決して自然に流れることはありません。逆に軽すぎるオモリではいつまでたっても底波に乗ることなく、表層の強い流れに押し切られたままになります。この場合、目印が表層の流れと同じ速度で流れ、また目印やラインが安定せずふわふわするのですぐに分かります。しっかりと底波に入ると、目印は表層よりもゆっくりと流れ、尚且つふらつきません。文字通り底「波」に乗っているので、多少穂先を揺らしたりラインを緩めてもすぐには目印に動きは出ません。それだけ安定して流れているということです。

 つまりこの流し方では、底波に乗せるのが命となります。そのためには錘の選択もそうですが、底へと仕掛けを持って行ってくれる「女波」を見つけそこに仕掛けを投入することが大切です。流芯の流れの強い場所の真上にどかんと仕掛けを投入しても強い表層流が邪魔をしてなかなか仕掛けは落ちていきません。かといって大錘をつけると沈みはするが波には乗りません。よって、流芯の脇や反転流のある所など、仕掛けを底へと入れやすい場所に投入後、狙いのポイントへと流して行くようにしましょう。

立て糸のメリット、デメリット

 この流し方は、一旦底波に仕掛けを入れると殆ど何もせずに穂先を追従させるだけで餌が自然に流れてくれるので楽と言えば楽ですが、逆に錘のセッティングや女波の選定等シビアな部分もあります。また、このスタイルはいわばオートマ釣法であり、底波が自動に仕掛けを操縦してくれる反面、底波の言う通りにしか仕掛けは流れません。つまり、途中で止めたり、速度を変えたり、仕掛けを浮かせたりといったマニュアル的な操縦には不向きです。したがって、とにかく不自然な流れ方の餌を嫌う、ヤマメやアマゴなどの釣りに適していると言えます。

 また他のメリットとして、適切な錘をセッティングすればネガカリは少ないこと、自分から見てまっすぐ正面を釣るので最も遠距離を狙うことが出来ることなどが挙げられます。更に、上図でも分かる通り、この流し方では餌が錘の前後後ろにフリーに動くことが出来ます。餌の抵抗が大きければ餌が錘に先行しますが、実際は錘から上のラインとの抵抗の方が大きく餌は錘より遅れて来ることが多いものです(オモリ先行)。この場合、餌を魚が咥えてその動きを止めるとそれが即ち目印に出ることになります。逆に餌が先行していると、そこで魚が咥えても理論上は錘が餌を越えて行った後でないと目印には出ないことが分かります。

 オモリ先行の利点としてこのようなことが言われますが、現実にはこの立て糸での流しではそこまで厳密にラインを張っていないので目印の動きをきちんと読めないとこの利点を手に伝わるアタリとして享受する事は難しく、次に紹介するドラグをかけた流しに感度上で必ずしも優位というわけでもない場合が多いです。

ナチュラルドリフトでの立ち位置

立ち位置について

 この流しでは、上図の通りポイントのほぼ正面に立つことが最も遠方まで探ることの出来る立ち位置となります。ポイントより上流に立つと、仕掛けが流れを横切るような形になりやすいですし、糸が斜めになりやすくなります。ポイントより下流に立つのは上流側に立つよりもましですが、それでも正面に立つときほど広範囲を自然に探ることは出来ません。この流しでは基本的には正面に立つような立ち位置を心がけましょう。


その他の仕掛けの流し方


本流釣り入門 その他のコンテンツ