ドラグをかけた流し
ストップによる誘い

ドラグをかけた流し 本流釣りの基本

 本流釣りではナチュラルドリフトよりもむしろ主流なのはこのドラグをかけた流しではないでしょうか。ナチュラルドリフトでは、
 底波に仕掛けを乗せて流しますが、底を摺るような流しや、底波よりも更に遅い流しを実現するには、ドラグをかけた流しが必要になってきます。この流しでは、仕掛けが流れるのを止めたり浮き上がらせたりといった操作が容易なのも特徴としてあげられます。

 この流しの呼び名は様々あり、聞き流しやドラグドリフト、ブレーキングドリフト等色々な呼称があるものの、どれも微妙に異なる文脈で用いられることが多いです。よってここではあえてそれらの名称を用いないでおきます。また以下この流しでの基本を底をきちんと取り底石を叩きながら流すような記載をしますが、これに対しても必ずしもこのドラグをかけた流しが底を摺るような流しをベースとするとは限りません。底波に乗せながらその速度を更に遅くするような流し方の方がむしろ良く用いられるかもしれません。しかし、確実に底を取るというのはこの流しの基本であり、ナチュラルドリフトとの対比を鮮明にするためにも敢えてここでは底を摺るような流しをベースとして記述しています。

 この流しでは、常に竿先から錘までのラインは張った状態が基本です。いわば、錘が流されて行くのを、竿先で待てよ待てよと嫌々ながら追従して行くような感覚です。錘は時に底石にあたりながら、地を這うように流れて行きます。完全底を狙うのが基本です。したがって錘は重めのものが基本となります。ナチュラルドリフトのように底波に乗る錘よりもさらに重めのものを使い、その重い錘が流れで底石にあたりながら流されていく、それを更に竿先でセーブしながらゆっくりと流していく…といった感覚です。

 勿論、状況によってはいくらか軽めの錘を使って底を切って流しつつ、適宜竿先の速度を緩めてブレーキをかけ、ストップ&ゴーのように流していくという手もあります。仕掛けの操作がしやすいのもこの流しの特徴でした。またこの流しでは、重めの錘を使うので急流でも半ば無理やりに仕掛けを沈めてしまうことが出来ます。女波に上手く入れないといけないナチュラルドリフトより、この面は幾分楽といえます。極端な急流では1号クラスの大錘でズドンと沈め、時折竿先を上げてボトムバンピングのように流す手法もあります。

斜め糸の角度設定

 この流しは、ナチュラルドリフトを立て糸の流しとすると斜め糸の流しと言えます。仕掛けにブレーキをかける以上、ラインは幾分斜めになります。この角度をどれだけ取るかというのも、一つのポイントになって来ます。この角度が90度に近いほど、立て糸流しに近くなります。そのメリットは…

1. 感度が高くなる(糸が張っている以上、糸は直角に近く水中にある糸の長さが短い方が感度は上がる)
2. 流し終わりでの余裕が出来る(流し終わりでは竿先がもう動けず必然的に角度が小さく糸が寝ていくため)
3. 遠方を攻めやすくなる(水中にある糸の長さが短くて済むため)


逆に角度を小さく(例えば30度や45度)していくメリットは…

1. 仕掛けの操作がし易くなる(立て糸寄りよりも糸のテンションは上がりストップをかけても即応性がある)
2. エサ先行を作り易くなる(エサ先行のメリット解釈は別として…)


最後にどちらとも言えない、しかし重要な点としては…

*立て糸寄りでは糸は垂直寄りになり、水流を垂直に受けるのでオバセが出来、仕掛けが底から離れやすい。
*一方斜め糸では水中にある糸の長さは長くなり、ともすれば水流に乗っかった感じで寝ながら浮きあがりやすい。
斜め糸は一般に水切り抵抗が良く仕掛けを底に留めやすいとされるが、あまりに斜めにすると横に寝た長いラインが水流に乗って浮くことも多いので、闇雲に斜めにすればいいというわけでもない。適度な角度が重要。


 以上を勘案した上で、もっとも実践して頂きやすい角度がおおよそ60度程度のマイルドな斜め糸ではないかということです。無論、流し終わりではその角度は45度程度迄減じていくことになります。

斜め糸のメリット、デメリット

 この流し方は、仕掛けのスピード、動きを自分でコントロールできるマニュアル性にそのメリットがあります。或る意味でルアー釣り的要素をもたらしてくれるものです。かつて重めの錘で底石を叩きながら釣る手法は、ナチュラルドリフトにとって代わられましたが、確実に底を取りながら、自由に仕掛けを操作できるこのスタイルは、押しの強い流れの中できちんと底を取り、かつ遡上魚の様にイレギュラーなアクションも要求される本流釣りでは、かえって主流となる形になりました。ナチュラルドリフトではどうしても底取りがアバウトになりがちで、沈めているつもりが実は中層を流れていた…などということも多いのです。

 この流し方は必然的にエサ先行の流しとなりやすいです。オモリ先行のメリットはナチュラルドリフトの紹介の際に書いた通りですが、ではエサ先行では目印にアタリが出るのにタイムラグが生じて不利なのかというと実際問題は殆ど感じることはないでしょう。逆にエサ先行のこの流しではエサからのラインが全て張っているので、手で感じる感度はオモリ先行のナチュラルドリフトより格段に高いものです。誤解を恐れず言うならば、ナチュラルドリフトは目印頼み、ドラグをかけた流しでは手感頼みといったところでしょうか。

 この流しは底石に錘を当てながら流したりもする以上、ネガカリをしやすいのではないかと思われるでしょうが、ラインは常に上流側に倒れており、引っかかったとしても軽く竿を上流側に煽れば外れることが多いものです。ネガカリが多い場所では敢えて仕掛けを止め、浮き上がらせることで回避したりすることもできます。慣れればむしろナチュラルドリフトよりネガカリは少なくなるのではないでしょうか。

ドラグをかけた流しでの立ち位置

立ち位置について

 この流しでは、上図の通りポイントよりも上流に立って流した方がより遠方まで広範囲に探ることが出来ます。また。必然的に糸に角度をつけやすく、仕掛けの操作もしやすくなります。ポイントの正面に立ってしまうと無理に竿を寝かせなければなりません。更にポイントより下流に立つとそもそも糸を斜めにすることすら難しくなります。したがってこの流しが多用される本流釣りでは、釣り上がるよりも釣り下がるほうが理にかなっているとも言えます。


その他の仕掛けの流し方


本流釣り入門 その他のコンテンツ