S字流し 底を確実に攻める本流釣りに

仕掛けの流し方・S字流し

 水中でのラインの形がS字のようになるのでS字流し、この流しは先に見た二つの主流となる流しに加えて覚えておきたい流しです。この流し方は先に見たドラグをかけた流しの派生形です。あまり一般的ではないかもしれませんが、状況によっては有効なスタイルです。ドラグをかけた流しでは、糸を直線的に張って、底を摺る錘をゆっくりとセーブしながら流していくというものでした。それは非常にマニュアル性が高く、自然に流すには釣り人の力量を問われるものでもありました。ラインが直線的に張っている分、微妙な竿先のブレや流しのぎこちなさが如実に仕掛けに現れます。こういったイレギュラーさが逆にアクションになる遡上魚狙い等では良いのですが、極めて自然なエサの流れを好む魚には、ドラグをかけた流しはナチュラルドリフトに及ばない部分があります。

 S字流しは、ドラグをかけた流しをより自然に流そうというコンセプトで成り立っている流し方です。この流し方では、ラインは斜めにするものの、直線的に張るのではなく、通常は忌むべきものとして嫌われる表層流によって出来るオバセを、敢えて作り出すことで効率的に大錘を自然に流すことを可能にしています。理論は以下のようなものです。ドラグをかけた流しから更にラインを水中へ送り込んでいくと、当然、表層流によって余分なラインのオバセが出来ます。これは水流を受け仕掛けを浮き上がらせながら流していく力を持っています。この力で、通常なら川底に沈んで止まってしまう様な大錘を、コロコロと転がしながら流す事が出来ます。しかも、それは水流とオバセの力によって殆ど自動的になされるので、不自然さがありません、ラインも張っていないので、魚が咥えてもテンションを感じにくく、勝手に針がかりし易いものです。竿の操縦はラインの角度を保持しながら、ただついて行くだけです。ナチュラルドリフトの斜め版ともいえるでしょう。

S字流しのメリット、デメリット

 このように書くとこの流し方はいい事ずくめのように聞こえますが、ラインを大きくたるませる分、感度は随分劣る事になります。どちらかというと「掛けた」というよりも「掛かった」といった釣りになり易く、絶対的な感度が要求される遡上魚などには不向きです。目印のわずかな動きを読むことでアタリを読まざるを得なくなるのがこの流しです。しかし逆に、先述の通りラインが張っていないので遅合わせでも魚がかかり易く、捕食性の魚を狙うには有効な流し方です。


 この流し方のメリットには、遠方を攻めやすいというものもあります。ドラグをかけた流しのようにラインテンションを張って流すと、どうしても錘が吊下げられる時間が生じ、結果として錘が手前に寄って来ます。ナチュラルドリフトのように底波に乗せる方法では、このような事は起きにくいですが、底を確実に取るという点からは不安な側面があります。そこでこのS字流しでは、大きくオバセが出てラインが張っていないので、吊下げ効果が生じにくく、錘を手前に寄せにくいというメリットがあります。竿一杯の、ギリギリのラインを攻めるには有効な手段の一つです。ただ水中に入る糸の長さが長くなる為、その分は損をする事になります。

 

 さらに、川底が起伏に富んでいてかつ、状況をつかみにくい中でも、ほぼ確実に底を攻め続けることが出来るメリットもあります。というのは、ドラグをかけた流しでは、例えば錘が確実に底を捉えているのを判断するのは、時折、石にコツコツとあたる感覚が主となり、後は目印の動きなどで判断することになります。それでも、泥質の底などで着底を判断しにくかったり、底が急に深くなったり盛り上がったりを繰り返している場合、くぼみの部分やかけあがりを攻め損ねている場合があります。S字流しの場合では通常なら流れないような大錘を、オバセを使って引き摺り流すことが出来ます。つまり、例え急なくぼみやかけあがりがあったとしても大錘は確実に底をトレースして沈んでいき、その時はオバセが減じるだけになりますから、底を仕掛けが離れることはありません。泥質で着底が分かりづらかったとしても、ズルズル…と明らかに引きずったような流れ方を目印が見せている限り、錘が底を這っていることは明らかです。つまりほぼ確実に底を捉えながら、ゆっくりと仕掛けを流す事が出来るのです。


 しかしご察しの通り、この流し方をするならネガカリは避けて通れないものです。そもそも、この流し方はいかなる状況でも確実に底を捉え、かつゆっくりと自然に流していくことを最大の目的としているので、そのリスクとしてのネガカリは避けられません。 

 

 とはいえ、ドラグをかけた流し同様、上流側に竿を軽く煽ってやれば外れることが多いです。ただ、上図の通り錘付近は糸が前方に倒れているので、通常より大きく煽ってやらないと十分なテンションが伝わらないことになります。基本的にこの流し方は、ネガカリの少ない泥質や砂地の底の釣り場に向いています。

程度の問題

 ここまで、この流しは大錘をオバセで引き摺って行く、ヘビーなスタイルのように紹介しましたが、もちろんアレンジ次第では様々なスタイルに合わせて修正することもできます。そこそこの錘にしておき、オバセも少なめにしておくことで、完全なナチュラルドリフトスタイルでは少し不安な流芯を、底波に乗せながら自然に流していくといった半ナチュラルドリフト…といった応用も可能ですし、逆にいわゆる止め釣り、完全に大錘で仕掛けを止めて狙うスタイルに於いて、ほんの時折仕掛けを移動させるのにオバセを用いるといった事も可能です。オバセを大きくするには、ラインをより斜めにする必要があります。基本は上図の通り、45度程度を一つの基準としながら、この角度のオバセでコロコロと引き摺られていく程度の錘重量を設定します。その上で、底波に乗せて行くようなスタイルならばラインの角度を大きくし、錘も軽めにするか、あるいは錘はそのままにライン角度を小さくしてオバセを拡大させ、浮力を増加させることで底波に乗せて行くという形もあり得ます。この辺りは程度の問題ですので臨機応変に対応して下さい。

S字流しの立ち位置について

立ち位置について

 この流しでは斜めにラインを倒しているものの、仕掛けはラインの入水点よりも後ろにあり、往々にして自分の正面を釣るのが最も遠方まで探ることのできる立ち位置となります。ただし大きくオバセを出す場合はドラグをかけた流し同様に、ポイントより上流に立った方が効率的になって来ます。




本流釣り入門 その他のコンテンツ