本流竿で上げられたサケ

本流竿での魚とのやりとり、取り込み

 本流竿の醍醐味はやはり、魚とのやり取りにあると言ってよいでしょう。延べ竿一本で大物と渡り合う楽しさは、他の釣りでは決して味わうことのできないものです。しかし実際、いざ大物をかけてみるとラインブレイクや竿をへし折られたりといった不安がよぎるのもまた、延べ竿一本釣りの難しいところです。

竿を曲げる、とは?

 竿を曲げる本当の意味とは何でしょうか?竿は、曲げるものであって曲がるものではないということを、まず第一に考えなければなりません。「曲げる」と「曲がる」では大違いです。前者は意図的であり、後者は結果論での表現となっています。

 魚が走りだして竿が「曲がる」というのは、よくあることです。リール竿であれば糸を送り出してやればよほど根が多い場所で無い限りこのような後手の対応でも致命傷にはなりません。しかしリールの無い本流竿では、魚が走りだして結果として竿が曲がった、という状況は、負けに近づいたということを意味します。

 その意味は主に2つあります。1つは、そもそも魚に走りだす猶予を与えてしまったということ。車でも同じですが、一旦走りだしたものを止めることは難しく、もっともよいのはそもそも走らせないということです。一度加速がつくと魚はどんどん走って行くことになり、リールの無い本流竿では対応できず、足で付いて行くしか方法は無くなります。これは非常に場所を選ぶ方法となり、負けの可能性が高くなります。

 もうひとつは、自分から竿を曲げたのではないのでこちら側の意図した曲がり方になっていないということです。つまり、曲がる方向や、曲がりの度合いなどが、全て魚が走った結果論になっているということです。主導権が魚にあり、こちら側はそれについて行っている状況だということです。

次へ


本流釣り入門 その他のコンテンツ