常に先手を取って曲げこむ

 本来、竿をいつ、どのように曲げるのかというのは、常にこちら側の支配下にあるべき問題であり、常に魚の先手を行かなければなりません。したがって、魚がかかれば、まずこちらから竿を曲げにかかる、ということが大切です。

 

 これは大合わせの結果としてそのまま竿を曲げこむというのではありません。合わせは合わせとして行い、そのあとにすかさず竿を曲げにかかるということです。これは一見勇気のいる行動です。というのも、曲げこんだはいいが、それでもそこから魚がぐいぐいと走りだしたら竿は既に曲がりきっているからどうしたらいいものか、と考えられるからです。このように考える人は、曲げの余裕を見越して、あまり最初から曲げに行こうとしません。しかし、中途半端な曲げこみでは十分なテンションが相手に伝わらず、結果として走りだす猶予を与えてしまうことになりかねません。

 

 ですから掛けたらまず思いっきり曲げこむ、ということを行って下さい。これでも走りだす魚は、曲げこまなければ更に走りだしていずれにしても手に負えません。しかし、最初に曲げこんでおいたならば、まだ自分が少し手前に出るとか、曲げを緩めてやる等、対応の仕方があります。最初に曲げこむことは勇気が要ることですが、それは前もってこちら側が有利に立つことで、それでも抵抗された場合に譲歩できる余地を作るということでもあります。

 

 もちろん、曲げ込みの前にはしっかりとした合わせが必要になります。魚の種類によっては向こうアワセで良い場合もありますが、多くの大型魚は口が硬く、延べ竿での釣りはブッコミ釣り等とは異なり手持ちでアワセに行くためしっかりと合わせてやる必要があります。

 

 本流竿は長い為、竿尻を少しつきだすだけで竿先はかなり動き、しっかり合わせられます。しかし、竿自体が長く慣性がある為パワーがないとアワセが緩慢になりがちでもあります。どんな魚種にしろ、アワセは鋭く行うのが基本です。口切れを防ぐために緩く行う合わせというのはあっても、ゆっくり行う合わせというのはあまり無いはずです。スピードは、素早く一瞬で行うのがアワセの基本です。

 

 本来、延べ竿ではどうせ掛かった後に限界まで竿を曲げ込むのだからそこで針が食い込んでいくだろうと思われるかもしれません。実際そういう魚種もあるでしょうが、そうでない魚種もあります。アワセをしっかりしないと針先だけがかかり魚が向きを変えたり首を振ったりした瞬間にあっけなく外れるパターンもあります。アングラーとしてはあれだけ曲げ込んだ後になぜ外れるのかと思う事もあるでしょうが、意外と針先は持続的な力だけでは奥まで食い込んでいないことも多いものです。

 

 トンカチで釘を打つ時もそうですが、じんわりと大きな力をかけるよりも一瞬でストンと力をかける方が効率的です。アワセも同様で、一瞬に力を集中させることに意義があります。従って必ず曲げ込みの前に一度鋭く合わせます。鋭くというのは大合わせではありません。力よりもスピードです。

 しっかり合わせると口切れが心配とかラインやロッドが破損しそうとか考える方もいらっしゃるかもしれませんが、「鋭く」を意識すればそのようなことはまずないでしょう。大きくではなく、鋭く、なのです。サケなどでは2度アワセすることもあります。一度に大アワセするよりも、鋭いアワセを2回する方が効果的でデメリットが少ないのです。

 

 なお、アワセをするタイミングは基本的にかならず「最初だけ」です。やり取りの途中に「やっぱりアワセが足りなかったかな」と追いアワセすることがあるかもしれませんが、延べ竿での釣りではこれはあまり適切ではありません。基本的に魚がパニックで未だ走り出していない最初の状況でのみアワセを行い、竿を曲げ込んでいる状態で無理にアワセをすることは物理的にも無理がありますし口切れやタックルの破損を招きます。リール竿ならばラインを少し出して調整したりもできますが、延べ竿ではそのような余裕はないでしょう。

 

 流れとしては、アタリを感じたらすぐに鋭く合わせ、その後に曲げこむ、ということです。なお、曲げ込みの角度に関わらず、基本的にアワセの方向は「上方向」です。

 まれに流し終わりでいきなり魚がかかりそのまま走りだし合わせる余裕がない場合があります。このような場合は足を使って竿の角度を作ってから出来るだけ早くアワセます。竿とラインが伸び切った状態で合わせるとアワセが効かないばかりかライン切れのもとですので、必ず足を使って角度を作るようにしましょう。

戻る
次へ


本流竿での魚とのやりとり、取り込み コンテンツリスト


本流釣り入門 その他のコンテンツ