本流竿で釣り上げられたサケ。延べ竿での鮭釣りは実にスリリングだ

最後までテンションを緩めない、隙を与えない

 これはよく言われていることですのでお分かりになるかと思います。とりわけ本流竿でのやり取りでは、魚が力尽きて竿をどんどん立てて寄せて来る段階で、もう大丈夫だと安心したり、あるいはあまり竿を後方に倒し過ぎるのがはばかられてテンションを緩めてしまうことがあります。確かに、あまり後方に倒し過ぎていきなり走られたりすると今度は竿の破損の危険が出てくるわけですが、魚は岸近くになると俄然力を発揮して逃げようとするものです。それを防ぐためにも最後までテンションを与え続けることが大切です。もはや逃げる隙はないのだということを相手に伝えるようにするべきです。テンションが緩むことは相手に反撃の隙を与えるだけでなく、針のはずれをも引き起こすことがあります。

 

 本来、柄の短い渓流タモでのキャッチを行うにはどうしても最後の段階で竿を大きく倒す必要があり、ここは竿の破損の危険とテンションが緩まる関係上魚の土壇場での逆転の危険の両方が存在するわけです。これを回避するには竿の角度を保ったままのずり上げか、柄の長いタモ網でのランディングがベストではありますが、実際問題としてこれらが一般的な本流釣りでいつもできることとは思えません。

 

 よって、最後のランディングは特に慎重に行い、それまでに相手の力を十分に奪っておくことが大切です。また、必ず流れのゆるい場所へ誘導した上でランディングするようにしましょう。これは取り込みそのものを楽にするだけでなく酸素量の少ない水域に相手を来させることにも意味があります。

 

 本流竿の選択にも注意が必要です。バット部のパワーばかりに力点が置かれた竿はこの最後の取り込み時に穂先が弱すぎて破損したり魚に逃げる隙を与えたりとデメリットが多いものです。本当の意味でいかなる条件下でも80cmクラスの魚を延べ竿一本でネットインするには、RUDOW8500のような相当に強い先端部とそれを受け止めるバットパワーが必要です。

戻る
次へ


本流釣り入門 その他のコンテンツ