竿は立てるのか寝かせるのか

 竿を曲げる時に、一般的にはまっすぐ竿を立てて曲げる方法と、45度程度竿を寝かせて曲げる方法があります。しばしば後者が雑誌等では紹介されますが、竿の角度はなかなか興味深い問題です。

 

 単純に考えて、思いっきり、それこそメーターを越えるような大魚と格闘するならば、竿はまっすぐ立てて全身を竿に掛けていく方法を取らざるを得ないのではないでしょうか。竿を斜めにすると、竿を持ってやってみれば分かりますが、どうしても腕力に頼ることになります。まっすぐ竿を立ててグリップエンドを下腹に当ててまるでトローリングの格闘のようなスタイルにすれば、全身で耐えることが出来ます。したがって、このような超大物領域でのやりとりには、竿はまっすぐ立てて行かざるを得ないということになります。

 

 しかし現実問題として、このような領域のやりとりが求められるのはキングサーモンくらいではないでしょうか。通常の本流竿でここまでの格闘を求められる のはなかなかないことです。そして、通常の釣りでは、グリップエンドを押し込んで曲げこんでいくのであって、これを下腹に当てながら全体重で耐えるような スタイルは、確かに鮭の「応援団釣法」では見られますが、必ずしも一般的ではありません。

 グリップエンドを押し込んで曲げていくならば、竿は必ずしもまっすぐ立てていなくとも任意の角度を付けることが出来ます。そして、しばしばその角度が上流側45度だったりするわけです。

 

 なぜわざわざ竿を寝かせるのか。竿をまっすぐ立てると、魚は上方向、そして手前方向に引っ張られます。すると魚はこれに抵抗して下方向、いや、下は本流釣りの多くの場合それほど水深が無いので沖方向に走ろうとします。これは出来れば避けたいことです。沖へ走られると自分の足で付いて行くことが出来ませ ん。さらに、竿を立てていると、逆に魚が浮いて来た時、魚が流れの強い水面近くまで浮きすぎて、流れに乗って流されてしまうことも考えられます。できれば、手前までは水流の弱い中~低層でやりとして、最後に浮かせるのが得策です。

 

 だとすると、竿を或る程度寝かせることが有効になります。ここで或る程度としたのは、完全に水面に平行なほどに寝かせると、針へのテンションに不具合が 生じばらしの原因にもなると言われているためです。そして、寝かせる方向ですが、基本的には上流側へ寝かせます。下流に寝かせればそのまま魚が流れに乗じて走って行ったらどうしようもありません。

 このように竿を或る程度寝かしておくと、魚にかかるテンションは左右になり、例え走りだそうとしてもその逆、つまりこれもまた左右となり、自分の足で付いていきやすくなります。

 

 ただし、他の考え方によるやり取りも可能です。例えば、竿を完全に寝かせてやり取りする方法です。

 

 水深が極めて浅い瀬などでは、上方向の引っ張りは魚体の大きさによっては無理が生じることがあります。極端な例ですが、50cm水深の場所で80cmの魚を上方向に完全に引っ張れば魚の頭は水面から出すことになり、これは浮力を使えないので非常な力が必要です。これは机上の極論としても、浅場では魚は上方向に引っ張ることは無駄が多いものです。無駄なだけならばいいのですが、必要以上に力がかかり魚体の重みで口切れをしたりバラシの原因となることもあります。これを防ぎ効率的に魚を寄せる為に、竿を水面と平行、つまり完全に寝かせる方法もあります。

 

 竿を完全に寝かせると針の角度によってはバラシの原因になると先に書きましたが、しっかりかかった針はそうそう抜けません。魚の口の形状にもよりますが、上方向に引っ張っていれば針が一度外れてもまた掛かる可能性がありますが横方向では吐き出されて終わりということが考えられますが、実際にそのようなことが起こるのかは分かりません。

 

 それよりもむしろ完全に寝かせたやり取りにはバラシを防ぐ側面もあります。理由は、まず一つ目は最も効率的に魚を寄せる力を伝達できるため寄せが早いこと、上方向のやり取りでは魚の口を介し針と糸がテコのように働き針が外れると思われるケースがありますが完全な横方向ではこれは起きにくいこと(掛かり場所によっては原理上起こらなくはないが上方向よりは可能性が低い…寄せの力伝達が大きいため)等が挙げられます。

 

 完全に寝かせるやり取りでは、アワセは必ずしっかり上方向(これはどんな場面でも殆ど一緒)に行い、その後すぐに竿を寝かせます。後半になってからは竿を立てて魚に空気を吸わせ弱らせます。竿を寝かせるやり取りでは魚は意外と早く寄ってきます(力伝達が大きい為)が、一方で空気を吸っていないので体力が残っていることが多いです。従って竿を立てて又走れば再び竿を寝かせて寄せ、また竿を立てて…を繰り返す事です。当然ですがずっと竿を寝かせていれば魚を最後まで寄せるのは困難です。どのタイミングで竿を立てに入るのかは、好みですが基本的には魚がある程度弱ってからが良いでしょう。元気なうちに立てればそれまで竿を寝かせていた意味があまりなくなります。

 

 寝かせるやり取りで超大物を狙うのは、体勢的に困難な部分もありますが、工夫次第では意外と寄せを効率的に行え効果的な場合もあります。一方で、例えば水深が数メートルもあるような場所では竿を完全に寝かせることはあまり適していないでしょう。水深、立ちこみの程度、スタンス、これらから自ずから或る程度ベストな竿の角度は決まって来ます。極端な深場で足場が高い場合は竿を下に向けることも適切な場合もあります。ポイントは、どうすれば魚に最も効率的に寄せの力を伝達できるかを考えることとなります。

戻る
次へ


本流釣り入門 その他のコンテンツ