のべ竿でのサケ釣り

譲歩の仕方

 先手を打って曲げこんでも、それをものともせず竿をのしにかかる大物もいます。このような場合は如何に対応すべきでしょうか。ここでの譲歩の仕方は2つ考えられます。1つは、自分の足を使い前に出ること。もう1つは、竿の曲げを緩めること。

 

 もちろん、動ける場所ならば自分の足を使うことをまず選択すべきです。その際は、竿の角度は変えずに曲げこんだままにすること、そして、一気に前に出ず にじりじりと譲歩することです。一気に出ると魚に走りだすチャンスを与えてしまいます。綱引きと同じようなものです。

 

 動けない場所ならば、曲げを緩めるしかありません。しかしこれをすることは殆ど崖っぷちにいるようなものです。竿がのされ、ラインにテンションが直接か かり始めるとラインブレイクです。もちろん、かといって無理をしすぎて曲げを緩めなければ竿を折られることになるので、ここは徐々に曲げを緩めるしかあり ません。しかしこれは最後の手段であるということです。簡単に曲げを緩めるようではなかなか大物を上げることは出来ないでしょう。

戻る


本流釣り入門 その他のコンテンツ