延べ竿での鮭釣り

竿を急いで曲げ込まない、逆転の発想

 今まで魚の走りだしをいかに封じ込めるか、いかに相手を抑えつけたまま勝負を決めるか、という観点からやりとり、取り込みについて論じてきました。というのも、ここでは竿のパワーからして限界付近の大物に、出来るだけ一歩も譲らずに対応する方策を想定してきたからです。いつも相手の動きに応じて動ける場所で釣っているとは限りません。一度走られたら終わりという様な限界地点の大物に、一歩も動けない場所で対応するには、今まで論じてきたような先手を打って曲げこみ、魚の走りだしを許さない方法が必須であると考えます。

 

 一方、もう少し余裕があるならば、話は変わって来ます。魚というのは確かに、テンションを与えなければそれほど暴れないことも多いものです。そもそも暴れるのは、自分にかかる過度なテンションから逃れたいということで暴れるわけです。軟竿趣味の人が大物をあやしながら見事に釣り上げたりしますが、それはこの理屈を背景としています。

 

 この方策で行くならば、魚をかけたからといってすぐに曲げこむのは考えものです。魚が走りだしてやむなく曲げて行き、しかも魚が走る方向の先手をとって竿を傾け、まるで魚を誘導するかのように泳がせながら手前へ寄せて来る…そんな方法もあります。磯釣りなどでは良く行われている方法です。

 

 しかしこの方法は、或る程度こちら側に余裕があって出来るものです。どんなにテンションをかけないと言っても、針と糸がかかっている以上魚は走りだして何の不思議もありません。魚の先手を見る余裕があればいいですが、そんな余裕もなくラインを切られる可能性もあります。タックルに余裕があり、相手がそれなりのサイズ以下で無いと、このような「あやす」方法でのやりとりはリスキーです。

 

 更にこのようにして寄せたところで、いざランディングの際は魚はいずれにしても暴れるでしょう。しかも、それまでの格闘が少ない分、ここでの暴れはより危険なものとなります。これにも対処できる余裕がないといけないということです。

 

 獲るか獲られるかといった大物と対峙するならば、あまりこのような方法に頼るのはどうかと思います。中型以下を楽しみながらやりとりするには良いでしょうが、やはりここ一番の大物にはしっかりとしたタックルで先手を取って確実に仕留めたいものです。

戻る


本流釣り入門 その他のコンテンツ