鯉釣りと本流釣り

鯉は本流釣りの良い練習相手になる
鯉は本流釣りの良い練習相手になる

 コイというのはともすれば鮭鱒類を狙っている方からすれば外道中の外道のような扱いを受けることもありますが、

のべ竿での大物釣りの練習にはコイという魚はもってこいだと思います。

近所に大型の鮭鱒が暮らしている川があるような恵まれた環境の方ならいざ知らず、普通の人がサケや大型のマス類を

常日頃から釣れる環境にあるとは思えませんし、そもそも解禁日が限られている中で年中大物で竿を曲げるのは難しい

ものです。ヤマメやアマゴをいくら釣っても大型のサケマスとの限界勝負とは全然異なりますからね…。

 

 かの有名な本流釣り師もオフシーズンには鯉と本流竿で格闘するというのを著書で拝見したことがありますが、鯉は

いつでもどこでも釣れる身近なターゲットとして私たちのとっても強い味方では無いでしょうか。

 

 そんな自分も少しでも時間があれば鯉釣りで大物釣りのイメージトレーニングに励んでいる一人です。特にオフシーズンは

これしか仕方がないので鯉に助けられています。

鯉の引きは確かに鈍く、重いものですが、最初の突進は結構威力があります。これをいかにしのぐか、竿の角度や立て具合など

確認しながら結果を反省し、本番のサケマス釣りのイメージを作っていくようにしています。

 

 鯉でも80cmクラスになるとかなりの引きです。最初の突進で3号ラインを切られたこともあります。かつて“Gaun”のプロト

で80cmオーバーの鯉をスレでかけてしまいましたが、こればかりは竿がやられるかとひやひやしました。当時は開発テスト中

のために4号ラインを張っておりなんとか上げられましたが、冬季釣り場の本流ニジマスよりも良い引きをしていましたね。

その時の“Gaun”の曲がり方は凄まじいものがありました。

 

 写真はさかのぼって先日の鯉クンです。これは60cm程度、“Gaun”で釣りましたがこのクラスだとまだまだ余裕があります。

最初の突進の後は素直に寄ってくる感じで…このあたりが鯉の弱点ですね…

さらに言えば冬の鯉はかけてもほとんど動かず引きません。逆に暖かい季節のの鯉は小型でも良い引きをしますね。

この辺りは温帯性の魚の宿命でしょうか。

 

 鯉をのべ竿で釣るというのは、やり取りだけで見ればカープロッドを用いた釣りよりもはっきり言って楽しいものだと思うのですが、

あまり流行りませんね。本格的な鯉用ののべ竿というのは某社が1モデル出していますが結構な価格です、しかもあまり見たことはありません。

それだけマイナーという事でしょうか。もっと流行ってもいいと思うのですがね…。

 

 ところで、鯉ののべ竿釣りを愛されるマニアな方にはA.P.S. 8500“Gaun”、どちらもお勧めです。

別に鯉専用に開発したわけではありませんが、どちらの竿も80cmオーバーのクラスまでは獲れています。それ以上は…なかなかそこまでの

大物がのべ竿の範囲に来ないんですよね…。ハクレンやソウギョなども楽しそうですが、未だにやったことはないです。

 

                                                          文責:M