本流竿の海での可能性

本流竿での海釣りでメインターゲットの一つはクロダイ類だろう
本流竿での海釣りでメインターゲットの一つはクロダイ類だろう

 前回の記事でも書きましたが夏は個人的に海釣りがメインなのですが、やはりここでも本流竿を使いたくなるのが延べ竿ファンの

一人としていたしかたない性でもあります。

本流釣り新たなるフィールド でも紹介していますが、本流竿の海でのターゲットはまずクロダイの類が挙げられると思います。

私が行く釣り場はキチヌ、キビレが殆どなのですが、これほど本流竿のターゲットとして的確な魚はなかなかいないと思います。

魚のサイズ、延べ竿で届く範囲で釣れること、そして、魚の人気ということからも申し分のないものがあります。

 

 クロダイサイズの魚は、そこそこの本流竿であれば比較的余裕をもって、しかしスリリングなやりとりも楽しめるので、もっとも

ターゲットとして良いかと思います。

私が他に本流竿で釣る海の魚と言えば、以下のようなものがありますが、どれもそれぞれ難点があります。

 

・根魚類…多くの場合穴釣りになりますが大抵の場合本流竿は長すぎる、しかし渓流竿だと水深が足らず、結局リールが欲しくなる

・アジやサバなどの回遊魚…なかなか大きなサイズは延べ竿で届く範囲には来ない、せいぜいサバが来る程度、

            引きは確かに強いが少し趣に欠ける

・キス、メゴチ…砂浜での渚釣りはこの時期よくやりますが、引きという点では今一つ、渓流竿の方が楽しめる

・カワハギやベラなど五目釣り…引きに欠ける、「大物一本を狙って…」という本流釣りの本来の趣に欠ける…(回遊魚もキス・メゴチも

               同じですが)

・スズキ…フッコサイズまでならまだしも大きなサイズは個人的にめったに釣れません…。

・ボラ…よく釣れ引きもありますが…

 

とまあ、結局どれも一長一短あるのです。

腕の良い人はスズキはとても面白いターゲットになるでしょうが。

一方クロダイ類は渚釣りで横の釣りも楽しめ、堤防で落とし込みスタイルで縦の釣りも楽しめ、時には数釣りも楽しめるといういいこと尽くしの

魚です。インターネットで少し調べただけでも、延べ竿で渚釣りや堤防の黒鯛釣りをされている方は既にそれなりにいらっしゃるのが分かります。

やはり、延べ竿と黒鯛は比較的相性のいい関係性が伺えます。

 

さて、人がやっていないことにどうしても興味がある私の次なるターゲットは…

・サーフでのヒラメ

・延べ竿エギング

・マイボートで本流竿(ダム湖での長尺ヘラ竿をイメージ)

 

笑われそうな話ですが、案外本人は本気だったりします。

 

                                                  文責 M