釣りの功罪

 たまには少しカタイ話もしてみましょうか、というほどのことでもないのですが、釣りをしているとどうしてもこのキーワードが頭から離れないことがあります。

私は食べる魚について言えば、これを釣ることにあまり罪悪感は感じないのですが、食べない魚を釣る時には、少し考えさせられることがあります。つまり、釣りが単なる魚いじめになっていないかということです。正直なところ、いかに釣りを魚との遊びだとか触れ合いだとか、綺麗事を並べても、結局のところは魚にしてみれば迷惑この上ない話でしょう。一方で私を含め多くの釣り人は魚のことが大好きです。特に、いや、これは勝手な想像かもしれませんが、魚の飼育をしたことのある釣り人はとりわけ魚の事が好きな人が多いように思います。魚の飼育そのものもかなり魚にとって見ればいい迷惑でしょうが、しかし、理屈はともあれ、魚を飼う人は魚がとっても好きであることが多いものです。そして、同じ魚関連の趣味として釣りを始めたりするわけですが(無論順序は逆のパターンもありましょう)、ここで自己矛盾に気づきます。そう、食べない魚釣りは魚いじめにしかなっていないのでは?という問題です。

 この問題に他の釣り人がどのような自己回答(言い訳とも言う)を用意してきたのか、私にはわかりませんが、少なくとも私自身としては、「自然に触れない人間に自然の大切さは分からない、しかし、自然に触れることは自然の血を少しばかりは見ることにもなる」という理屈を用いて来ました。魚を飼うということについても、同じ理屈を使ったものです。もっとも、今の私は魚を飼うことはやめましたが。

 釣りをしないことが自然には一番良い、という意見は正論だと思います。どんなに注意深く釣りをしても、かならず食べられない外道は掛かり、必ず回収できないネガカリは起こります。だから、釣りは魚や自然に優しくない、本当にこれらが好きならば、釣りを止めなさいと、言われたとしても反論はできないでしょう。

しかし同時に、私自身には、先の「自然に触れない人間に自然の大切さは分からない」という部分への確信はあります。根拠はありませんが。ですので、まったくアウトドアの趣味の無い人に、あなたは自然や魚の敵ですねと言われても反論はしません。しかし、同時にそのような人が自然や魚の味方だとも思いません。

 「遊漁」という言葉を見るたびに、少し憂鬱な気持ちになります。少なくとも、魚にとって見ればたまったものではないでしょう。このようなナイーブな思考は、本来釣り人にあるまじきものなのかもしれません。しかし同時に、これを失くした釣り人はとても危うい存在であるとも思えます。私は、このようなナイーブな思考が「まだ出来ている」と、自分をほめてやることにしています。これをしなくなった時、私は先のアウトドアの趣味の無い人が言う「自然や魚の敵」に本当になってしまう様な気がするからです。

 釣りの抱える自己矛盾に、そんなもの関係ない、ただ魚の引きが好きだからいい、と断言する人、私の様な屁理屈を並べる人、食べる魚しか釣りませんという人(それでも毒魚など外道への対応やねがかりゴミ問題などは残りますが)、色々だと思います。あるいは、野生への影響を考える人は、管釣りだけをするようになるかもしれません。自然の生態系全体への影響を考えるのか、動物愛護的に魚の扱いに焦点を置くのか、それだけでも選択はいかようにも増えて行くでしょう。そのどれもが、それぞれにとっても正解であり、あるいは他人にとっての誤答であるかもしれません。

 釣りの人口はさして多くはなっていないようですが、それでも人口の、特に男性で言えば10人に1人程度は釣りの趣味や経験があるのではないかと思います。個人的には、むやみな釣り人口の拡大は望んでいません。釣りは直接魚の命を奪うものですから、どんな外道もやさしくリリースでき、少なくとも針を飲まれる等して死んだ外道に、少なからざる罪悪感を感じられるような人だけが釣り人でいてほしいと思います。あるいは、そうでなかった人が、釣りを通してそうなってくれるなら、私の屁理屈な確信が、少しばかり証明されることになるのでしょうか、検証のしようもないですが、そうあってほしいと、心の中で願っています。

                                                                                 文責:M