サケ有効利用調査に想う

 だ んだんとサケ釣りのシーズンが近づいてきました。北海道ではとっくに、ですが、本州はこれからですね。サケの有効利用調査もだんだんと歴史が積み重ねられ ていき、徐々に市民権を得つつあるのかなと思います。北海道や福島県の河川で開催されなくなった所もありますが、一方で茨城や今年は栃木でも試験的に有効 利用調査がなされるようです。人口の多い首都圏付近でこのような動きが出ることは、サケ釣りの普及には喜ばしいことだと思います。

  サケの有効利用調査に対する意見は釣り人によっていろいろあるかと思いますが、「川でサケ釣りができる」ということの意義はとても大きなものがあると思い ます。とくに延べ竿で大物を狙う釣り人にとって、この釣りの存在は貴重なものです。おそらく、これだけのアタリが出て、これだけの引きが楽しめる釣りは、 川でのサケ釣り以外に延べ竿での大物釣りには無いのではないでしょうか。海でのスズキや黒鯛も本流竿のターゲットではありますが引きの強さでは瀬のサケに は敵いませんしアタリの数もサケほどは出ないでしょう。淡水だと鯉やソウギョ、ハクレンなどが良い引きはしますがおそらく多くの渓流・本流マンには魅力が 少ない魚種だと思われます。延べ竿という制約がある以上、或る程度コンパクトなフィールドで至近距離に寄ってくる大物というのは、本当に限られており、海 水ではさらに限られます。淡水も、アマゾンのような魚種の豊富な川ならまだしも、国内でサケに匹敵するサイズの魚は限られます。先にあげたコイ科の魚以外 には、イトウ、アカメ、雷魚、ビワコオオナマズ、一部の大型化したニジマスくらいでしょうか。いずれも、稀少性の高い魚であり、多くのアタリを得ることは 難しいのではないでしょうか。

  そんな中でサケ釣りは豊富なアタリと十分な引きで延べ竿大物釣りの醍醐味をしっかり味わえながら技術の習得にも最適な、しかも釣れる魚に魅力があると言う 3拍子揃った本当によく出来た釣りだと思います。有効利用調査という名目ながら、川でのサケ釣りが出来るということは本当に恵まれた機会だと思います。

  世界的にもサケ科の魚は貴重な水産資源として管理されており、多くの国ではその釣りに規制がかかります。しかし有効利用調査を除けば川でのサケ釣りは全面 的に禁止という現行の状況については、依然非常に厳しいものであることには変わりなく、議論の対象となるべきものでしょう。なんの制限もなく川でのサケ釣 りが認められれば遡上の性質上乱獲が起こることは必至でありこれは到底容認され得ないものでしょうが、一方で有効利用調査という名目が、釣り人以外にとっ て見ればいささか屁理屈の様な名称であり、この釣りへの偏見や誤解を生じかねないのではないかという危惧もあります。至極個人的には、法制度の兼ね合いも あるのでしょうが、はっきりと有料ライセンス制にして名称的にもオープンな形で行われるサケ釣りという形の方が、無用な批判を浴びないで済むような気もす るのですが、この辺り、皆さまはどうお考えになられるでしょうか。

 なにはともあれ、延べ竿での大物釣りを愛する人にとっては最高のターゲット、サケ釣りが今年もできるということに、この道筋を作って来られた方々に、敬意と感謝の念を抱かずにはいられません。ちなみに忠類川は今年で20周年となるのですね。本当に頭が下がる思いです。

 

                                                                                  文責:M