2015秋・サケ釣りシーズン

 いよいよサケ釣りシーズンがやってまいりました。

鮭竿は各メーカーが出していますが今年は新製品も出た様ですね。

全体的にサケ釣り黎明期よりも使うラインが太く、よりヘビーなロッドへという流れが全体的であるように思えます。

昔の本流竿等は渓流竿との共通点もありましたが昨今のそれはかなり異質なものになってきています。


さて、POLE&LINEとしても、よりヘビーな竿、も検討していますが、実際、日本の一般的なサケ釣りであればRUDOW8500で十分な訳でして、この竿で獲りきれないというのは、やはりメータークラス以上を考える必要があるのかと思っています。

ただはたしてメータークラスを狙う釣りが日本で出来るのか。。。特にサケで。荒川の特大サケくらいしか思いつきませんが…。

まだテスト初期段階ではありますが、一応RUDOW8500を超えるパワーのサケ竿のプロトは手元にあります。適合ラインは参考6号、実質には8号位張る人もいるかもしれませんが。

RUDOW8500も適合ラインは控えめに書いていますが、これはどうしても控え目に書いておいてもそれを超えるラインで使う方もいる為です…、私も含め…(苦笑)。

延べ竿ファンは限界に挑戦するのが好きなようです。


今年発売になった某メーカーのサケ竿はズームが付いているようですね。

これは今までになかったことで面白いと思います。メーターのサケをタモ入れするのかは分かりませんが、状況によってはずり上げでも角度の急なずり上げが必要な場面があります。(後ろに障害物がある等)

個人的には、あの軟らかい穂先ならば例えタモ入れしなくともズームがあれば便利だとは思います。


一方、RUDOW8500もそうですが手元にあるプロトもズームは付いていません。付ける予定もありません。

先端部が強ければズームなしでも十分寄せ、タモ入れが可能だからです。寄せの理屈だけで言えば先端部はもっと強くてもいい、しかし感度(これは実はさほど影響を受けないが)と持ち重り(こちらが長竿には重要)という問題が出て来るので今度のプロトは全長も含めバランスを見直し、先端部パワーの最適化を図っています。


ともあれ、このプロトのリリースはまだまだです。

残念ながら、サケ竿はいまだかなりマニアックです。延べ竿でここまでのヘビーなものがあることを知らない釣り人も多いです。

サケは期間限定、金銭的コストもかかることから、なかなか万人受けというわけにはいきません。

サケ竿というよりも、大物延べ竿という発想で見て行かないと、今後のサケ竿は頭打ちかもしれません。

当方も含め、サケ以外のターゲットにも着目し、色々なメーカーがヘビーな延べ竿を色々出して行ってこそ、新しい延べ竿の世界が開かれるのだと思います。