5ピースフロートロッド、FLOATANIAニュープロトのテスト

5ピースパックロッドのフロートロッド、floataniaのニュープロトと鯉

 以前にも少し触れていたフロートロッドのパックロッドの開発ですが、新しいブランクが出来上がってかなり良い感じなのでガイドを付けたサンプルを作りテストに回す事にしました。

 

 サケマスシーズンはしばらく先なので少し拝借し近くの川の鯉でトロッティングをしてみることに…。

 

70cmクラスの鯉が3匹釣れましたが、ロッド的には全く問題ないパワーです。というのも、このロッドはセンターピンリールでメーターオーバーを狙う、という裏目標を設定し作られたロッド…80~90cmクラスのサケにも十分対応するようなパワーを求めて開発を続けてきたのです。

 

 今回のプロトは自重は268gとフロートロッドとしては重めでなおかつ4.3mあるので正直3.6mのマッチロッドに比べれば重いです。しかし魚を掛けた後のパワーは安心していられますね。マッチロッドですと70cmクラスでもかなり曲がりラインを結構出してやらないと危ないこともありますがこのロッドですと殆どラインを出さずに延べ竿的なやり取りが可能でした。むしろリールを抑える指の方が疲れてきて大変…普段はあまり左手でパーミングはしないのですが、あまりに疲れて少しずぼらをしました。

 

 このパワー、そしてティップはマッチロッドを少し強くした程度のセンシティビティを有しノンフロートでも十分な感度。かなり良い感じです。

 あとは大型の鮭鱒でどの程度耐えられるか、が問題ですね。

 

 ちなみに今回のラインはナイロン4号ハリス2m、スペーサーPE5号20m、メインラインPE1.2号です。メインラインまで出さずに釣れたものもありますがこのくらい強めのラインでも十分大丈夫でした。大型の鮭鱒相手だとハリスは5号~6号、メインラインもPE2or3号を使う必要があります。スペーサーはPE3号で十分ですが。なお、スペーサーはwallisキャストのために付けるもので、細いPEでwallisキャストが出来る人は不要です。私はトラブルがいやなので、また、ノンフロートの時太いPEでラインの位置や動きを分かり易くする為にスペーサーを必ず付けています。このような強いラインに対応するフロートロッドというのは、今のところ珍しいでしょう。さすがにガイドはシングルフットのKガイドですが、バット寄りはダブルにしようかとも考えていました。しかし自重との兼ね合いもあり…この点もテストで分かってくると思います。

 

 今までのプロトと違いラバーコルクにし、バットのブランクスはウーブンカーボンを巻いてみました。かなりスタイル的にも良くなったのでは?と思います。今後のテスト結果が楽しみです。