ビーズフィッシング

スチールヘッド、ニジマス釣り用ビーズ(トラウトビーズ)
スチールヘッド、ニジマス、雨鱒釣りにイクラカラーのビーズ

 LEELでは北米のスチールヘッド用ビーズを少量ですが入荷しました。ビーズを用いた釣りは、彼の地ではフロートフィッシングにおいてポピュラーであり、ヤーンの釣りと共にアーティフィシャルなベイトとしてはよく用いられるようですが、一方で、かつてワームが反則技のように批判されたように、殆ど餌のようなビーズでの釣りとヤーンでの釣りを混同視するなという意見もあるようです。

 レギュレーションによっては生餌が禁止の場所もありそのような所ではビーズはなかなか有効ではないかと思います。また、針より数センチ上に付け針は素針状態なので魚の警戒心が低くなるのと同時に針を飲まれにくくなる、餌取りの心配がない、なにより一度買えばネガカリでもしない限り半永久的に使えるといったメリットもあります。

 ただ一つだけ、実際のところ、このビーズ、エアガンの弾の様なもので触感的には全くイクラとは異なります。ソフトな人工イクラもありますがビーズは異なります。より餌に近付けるならソフトな方が良いとは思いますが。ただそうなると耐久性は落ちますね。

 至極個人的な意見では、このビーズは単体で使うよりもイクラとの併用の方が向いている気がします。つまりフロートフィッシングでロングドリフトを行う際、餌取りにいつの間にか餌を取られていて素針を流していた…といったことがないように、保険的に付けるスタイルです。

 複数を数珠つなぎしてアピール力を高めても良いでしょうし、色々使い道はあると思います。手芸のビーズよりはさすがに塗装がイクラっぽくて良くできているなとは思います。ただ…やはり単体で使うならばソフトなより高度な人工イクラが良いような…?それでも北米での実績は相当あるようです。魚のスレ具合もあるのでしょうが。

 まだ試しの入荷ですので今後トライを重ね実際のところどうなのかも見て行きたいと思います。

 とはいえ、フロートフィッシングを餌なしで行え得るということは一つの魅力では無いでしょうか。世界的に見ればかなり希有な状況ですが、日本のルアー熱の高さ、餌釣りの衰退はかなりのものがあります。どうも生餌、特に虫餌を使う釣りに対してあまりスタイリッシュでは無い、ルアーで釣ってこそ、といった風潮が少なからずあるように感じますが、如何でしょうか。このような風潮を良いとも悪いとも思いませんが、ルアーあるいはそれに準じるようなものでの釣りになると人気が出ることがあるというのは、あのボイリーの釣りにも言えることではないでしょうか。手を汚し極めて非スタイリッシュなダンゴや芋を付けて釣るのに対する、半分ルアーの様な(実際は違いますが、見た目、質感、保管が容易、手が汚れない等)ボイリーを用いたことで一定の層の拡大があったように思います。

 ビーズフィッシングがそのような形になるかはわかりませんし、そもそもフロートフィッシング自体がまだまだ知らない方が多い釣りですが、あまりキジや川虫を付けて流すのは…という方もビーズなら、というケースがごくわずかでもあるのなら、それは層の拡大につながるのではと思います。

 まあそこまで実際は深く考えているわけではないのですが。ビーズフィッシング、単純に、面白いではありませんか。イクラ代の節約にもなりますしね(笑)