釣りと熱帯魚飼育(アクアリウム)

 アクアリウム好きのアングラー、というのはどれだけいるのかは知らないが、少なくとも私はこれに該当する。そんなバックグラウンドをご了承頂いた上で、読み進めて頂きたいのであるが、どうもこの2つの趣味は私が思っていたほど親和性の高いものではないようであることに少々驚いている昨今である。

 というのも、魚が好きという点でこの2つの趣味の人々はかなり共通項があるにもかかわらず、お互いをあまり良く思っていない方も多いようなのである。

 いや、厳密に言えば、アクアリスト側にアングラーへの拒否反応を示される方が一定程度いて、逆、つまりアングラー側がアクアリストに対して何らかの敵対感情をもつことは少ない、より正確に言えば、あまり気にもしていないといった方がよいのだろうが、そういう状況が見てとれる。

 アングラー嫌いのアクアリストの言い分としては、食べるならまだしもリリースするだけの釣りが魚をいじめているだけにしか見えないという、釣りに興味のない一般の方から寄せられる批判とほぼ同じようなものが多い。いわば、自身のペットをいじめているようなものであるから、犬や猫に置き換えると餌のついた紐で引っ張ってきて離してやるようなものであるから(正確には針でひっかけるのであるからよりダメージはある)、彼らの言い分は至極まっとうである。かくいう私もアングラーである前にアクアリストであったから、当初食べない釣りに関してはあまりやる気が起きなかった。川魚はほとんど持ち帰り飼育していたし、海の魚は毒魚を除きすべて食べていた。

 しかし釣りを長くしていると、リリースの釣りも悪くないなと思えるようになってきた。というのも、きちんと配慮をすればリリース後の生存率はかなり高いことは実証されている上に経験的にも明らかであるし、そもそも釣り上げた魚を家に持ち帰り飼育してもほとんどすぐ死ぬなどという事はない。リリースが難しいのは相当の巨大魚や特定の魚であって、きちんとした配慮がなされた場合、魚への死活的な問題は起きにくい。

 それでも魚への負荷をかけていること自体は事実であって、間接的に傷口からの感染症のリスク等を通じて生存率を下げているのは間違いない。本当に魚の事を想うなら釣りなどしないのが一番である。

 だが、これはアクアリウムにも言えることであって、本当に魚を想うなら水槽に閉じ込めておくべきではないし、それが完全養殖の個体であり、そもそも自然に放せない個体であっても、水槽飼育を肯定することはできない。水槽飼育には間接的に無駄なエネルギーがかかり環境負荷がかかっているし、養殖行為そのものも同様である。流行の水草水槽やサンゴ水槽などは特に電気代などコストもかかる。コストがかかるという事はイコール環境負荷が高いということである。

 結局のところ、アクアリウムは間接的に、リリースの釣りは直接的に魚や環境に負荷をかけているのであって、前者は一見魚をいたわる為の行為が負荷となり、後者は明らかに魚にダメージを与える行為によって負荷をかけているのである。そして、古今東西、人間の性である、目に見えるものを過大評価し、目に見えないものは過小評価するという原理の下で、前者よりも後者が多く批判にさらされているのだろう。

 少し意地悪な見方を加えれば、水槽で維持されている魚というのは人間を楽しませるだけで一生を終え、生態系的にはなんらの意味も持たないままの生物である。土に埋めてもらえた魚はよいが、ゴミ箱に入れられた魚は自身の命を何ら繋ぐことなくその生涯を終える。一方、下手な釣り師によって殺された魚は、水鳥や微生物に命を繋ぐことはできるかもしれない。

 それでもアングラーを毛嫌いするアクアリストは、いわゆる動物愛護的思想の強いアクアリストではないだろうかと想像する。生理的に、魚がいじめられているのは耐えられないという人々であり、これはこれで一つの思想であるから善悪を判断はできない。ただ、私の属する、生態系への理解と愛着をベースとするアクアリストとは、同じアクアリストでも少し考え方が違うのだろう。

 さらに究極に自然や生態系や種を愛する人からすれば、アクアリウムも釣りも共に悪であろう。どちらも間接的、直接的の違いはあれど生態系や自然環境に負荷をかけているのは間違いない。そしてきっと彼らは山奥で自給自足の生活をしているに違いない。間違っても、都市部の高環境負荷な生活を謳歌していることはないだろう。いや、枝1本おるのも怖いから、コンクリートジャングルでの生活をしているのだろうか?

 私は少なくとも、アクアリストとアングラーは手を繋ぐべきだと考えている。この両者が仲たがいをしているようでは、もし本当に魚や自然の大切さを知りそれを広めようとしているのならば、戦うべき相手は椅子に深く腰掛けたまま無機物に囲まれ字と画面の上でだけ自然「保護」を唱えるような人々であり、屋内か屋外か、接し方は違えど少なくとも日々魚に接し、その美しさ、その大切さに触れているようなお互いではない。私自身、一アクアリストとして、本命以外の魚に目もくれず外道を蹴飛ばす様なアングラー(といってよいのかは知らぬがそういう人)に対して思う所がないわけではないが、全く自然と触れ合うことなく生きる人よりは、いつか本当の魚好きになってくれるはずだという確信、いや、希望はある。アクアリストやアングラーが自然に恩返しする形とは、人工繁殖による種の保護への貢献や生息地の保護といった具体的なものよりもむしろ、常に魚を通じ自然に触れている、ということそのものではないだろうか。人は常に触れているものを、壊してしまおうとは思わないものであるから。