wallis cast とラインの種類

 前回、ノンフロート釣法でのスペーサー部分のラインの種類選びについて書きましたが、色々なラインを用意しwallsiキャストで投げ比べてみました。

 結論から言いますと、意外と張りのあるフロロカーボンラインが投げ易い、という結果になりました。以前フロロカーボンを試した際はラインがバラけて良くない印象があったのですが、商品によっても違うようです。それよりも、何度か投げて、巻いて、を繰り返し、なじんでくることも影響してそうな感触です。

 PEは非常にしなやかで小さなガンダマ仕掛けでも吊下げた際に張りを感じられ投げ易いのですが穂先への絡み(キャスト時に絡むことはないですが何かにつけて絡みやすい)とちょっとしたバックラッシュ時にしなやかなのですぐにスプールの裏に入り込みやすい点が課題だったのですが、なじんだフロロはまず、なじんだといっても張りがあるので穂先絡みが殆どない、してもすぐほどける、さらにプルをする際にまったく左手にまとわりつく気がしない、そして何より良いと感じたのは、その自重でライン自体が飛びにプラスに働いている感触です。スピニングなどのキャスティングではフロロは重いが故に飛びませんが、ノンフロートでのwallisキャストでは少しでも投げるものに自重が足されることはよいことです。ある意味テンカラやフライのキャスティングに通じる部分があると感じられました。

 あ、無論ナイロンも各商品ためしました。ナイロンは2号や3号なら投げ易いですが今回は5号クラスを基準にしましたので、このクラスになると正直少し扱いにくいと感じられました。張りが中途半端でフロロほどの重さがない為中途半端にパックラッシュやまとわりつきを感じます。ソフトタイプの物はまだましでしたが、それでも重さがない為やはりフロロの好感触には及びません。

 今回はwalls castのテストだけでしたので後はドリフトでフロロのスペーサーがどの程度使えるか試してみたいと思います。少なくとも視認性はPEに及ばないのは間違いないですが感度は許容範囲かなと予想しています。