フロートフィッシングのライン選びあれこれ

 前回の記事でもwallis castとライン選びについて触れましたが、色々なメーカーの色々なラインを試し今のところのまとめ的なものを少し書かせていただこうかと思います。

まずノンフロート等ウキがない場合は、やはり細いPE例えば1号などはwallis castを行う上で扱いにくいです。やって出来なくはないですがいくら慣れてもバックラッシュが皆無という事にはなりません。

ノンフロートではフロロのスペーサーが最も良い結果が出ました。感度等も問題はさほどありません。視認性はある程度我慢です。ただフロロは重くどうしても沈みやすいのでいずれにしても水面から出ている部分はその後のPEがメインになると思います、とりわけ長く流すならば特にです。

 ウキありのフロートフィッシングでは、最近はスペーサーなしで1号のPEを使っています。ウキを付けるとかなり軽めのウキでもノンフロートとは比べ物にならないほどwallis castがし易くなります。従って細いPEでもバックラッシュはあまりないことが分かりました、というよりも慣れでバックラッシュしなくなりました。

 PEの先にフローティングのナイロンを数メートル付けてここにウキを固定、さらに水中に沈む部分のラインはフロロ、ハリスもフロロ。これがベストです。ただフローティングのナイロンが面倒な時はPEにウキを付けてフロロに繋げます。とにかくウキが付いているラインは軽い素材でないときちんとラインを水面から離せませんので、PEか軽いナイロン。浅いところだとPEの視認性が魚に及ぼす影響を考えナイロンを付けますが深場では気にせずPEそのままにしています。

 フロートフィッシングはウキ釣りであると同時にドラグを掛けて流す場合は脈釣り的な感度も重要で、今やPE以外を使う気にはなれません。当初は欧米に倣いナイロンを使っていましたが、水中にあるライン以外はPEがベストだと感じています。

 ただしワグラーでの釣りのようにオバセを多く出す流し方の場合はPEは不向きです。PEは張りがなく緩んでいると合わせた時に糸が張るだけでアワセが決まりません。ナイロンですとオバセが合って緩んでいる状態でもその形状のままある程度のテンションを伝えてくれます。

 よってドラグを掛けた流しではPE、オバセを作る流しではナイロンと使い分けています。もっとも、個人的にはエサ先行の重要性を信じているのであまり後者は使いません。

 それにしてもガンダマ1つでwallis castをしているとこのキャストは難しいなと思うのですが、20gなどのスチールヘッド用仕掛けを投げると嘘のようにキャストが楽なのですね。どんな投げ方してもバックラッシュしないし、キャストが雑になりそうです。最近は大錘、大きなウキでの流しをすることが多いのでキャストが下手になりそうです。たまには軽量仕掛けでキャストの練習も必要ですね。