泳がせ釣りのエサの確保について

 泳がせ釣りではエサの確保が釣りの命運を決めるといっても過言ではありません。アジなどを購入していく場合は別として、現地調達の場合、まずはエサを釣らないと話が始まりません。

 アジサバイワシ、いずれかが簡単に釣れる状況なら何の問題もないのですが、なかなかつれない場合もあります。かつて港で釣っていた時は、いやというほど釣れていたこれらも、いざ大物狙いで磯に立てば、釣れるのはスズメダイや木っ端メジナばかりといったことも…。そんな時にどのようにエサの確保をするのか、ということについてです。

 まず、ふつうこれらの魚を狙う最も効率的な釣り方はサビキです。サビキ用の竿を持って行ってもよいですが、磯などでできるだけ荷物を減らしたいときは個人的には泳がせの竿でサビキもしてしまうことも多いです。サビキが終われば仕掛けを外し泳がせの針をつけエサをつければよいだけなので簡単です。ただし剛竿で泳がせをする場合はサビキがかなりやりにくくなるかも知れません。

 さて本題、サビキで釣れない時、ふつうアジサバイワシ類を釣る手法としてはほかに「ウキ釣り」と「遠投カゴ釣り」があります。前者はコマセを巻きながらオキアミのついた1本針で釣る手法、後者は遠投用のカゴとやはりオキアミの付いた1本ないし2本バリで遠距離を狙う手法です。

 まず「ウキ釣り」は仕掛けがいわゆるフカセ釣りのウキ釣り仕掛けとほぼ同様ですから遠投は効きません。この釣りで釣れて、サビキでは釣れない、という状況はほとんどないと思われます。仮にサビキ針では食わず、オキアミの付けエサが必要であるだけなら、サビキの針にオキアミをつければよいだけです。

 多くのサビキで釣れない状況というのは、そもそもどこにもアジサバイワシがいないか、遠距離にいてサビキでは届かないという場合がほとんどでしょう。そうなると、「遠投カゴ釣り」が必要になってきます。

 この釣りは慣れれば100m以上飛ばせる釣りといわれていますので、到底サビキ仕掛けでは届かないところを探ることができます。ただ、デメリットも多いのです。実際「エサの調達手段」としてやってみた感想からすると、少々効率が悪すぎます。

 第一に、この釣りは専用のウキ、カゴ、天秤など道具がそれなりに必要で荷物が増えます。さらに遠投するには磯竿や柔らかめの投げ竿などそれに適した竿が専用に必要です。泳がせの竿をこれらの竿とするなら流用もできますが。

 第ニに、多点針の仕掛けを背負わせられないということです。基本的に2本針程度までとなります。付けエサの付いた針をかごに収納する場合1本しか収納できず事実上付けエサの付いた針は1本しか結べません(中には複数本の付けエサ付きの針を収納する方法もあるのかもしれませんが市販のカゴではなかなか難しいのではないかと思います)。

針の数が少なく物理的に一気に数匹のエサを確保することは不可能、さらに確率論的に言ってもアタリが出るまでに時間がかかりやすく感じます。

 第三に、トラブルが他の釣り方に比べて多めです。無論、慣れた上級者であればそうでもないのでしょうが、いわゆる吹き流し仕掛けでハリスを3mとか4mとかとるため、原理上絡みが起こりやすいのです。初めてこの釣りをしてみると1割から2割くらいは絡みがありました。さらに向かい風の際などはもっと絡む率が増します。

 第四に、カゴにつけエサを収納するタイプのカゴ以外では、大遠投時につけエサの落下が気になります。これも上級者であれば解決されるのでしょうが、あくまで泳がせのエサの確保としてのカゴ釣りでは、少々不安要素が大きいです。

 エサの確保としては、とにかく短時間、できれば数十分~1時間以内にエサを確保し本番の泳がせへ移行したいものです。遠投カゴ釣りはこういった短時間ですぐに結果を出すには少々不向きに感じます。

 サビキのよいところはその都度付けエサをつけないで済むため手返しが良い、トラブルが少ない、そして多点針のためタナを探る際もスピーディー、といった点があります。短時間で結果を出すのに向いています。ただ、付けエサをつけないと反応しない場面、そして遠投が求められる場面では不利なのです。

 これを克服するため、そしてとにかくできるだけ早くエサを調達するための釣法として、今のところベストではないかもしれませんが最もベターかなと思っているのが、吹き流しの投げサビキ、次点が蓋つき下カゴでの投げサビキです。

 通常の投げサビキは、ウキ、ロケットカゴ(上かご)、サビキ、ナス錘といった形になるかと思いますが、これはカゴのコマセとナス錘の2つの重心があり飛びません。さらにフェザリングすればさほどではありませんが重心が分かれている分絡みも起こります。そして錘が下にあるため、細い幹糸のサビキではキャストで切れます。さらに、遠投しようと重めの錘をつけると仕掛けが海中で直立不動になり食いが悪いです。

 吹き流しの投げサビキは、ウキ、ロケットカゴ、片テンビン、ナス錘、サビキといった仕掛けです。これだとカゴとナス錘の距離が短く重心が一つになり良く飛びます。ウキは軽量で絡みにくい中通しの細めのものが良いように感じます。サビキは普通の6本針ではやや絡みが出やすいので3~5本針程度にします。

 吹き流しですのでそこの部分の絡みは確かに起こりえますが、遠投カゴ釣りのような長ハリスではなくせいぜい1m程度ですのでまだましです。どうしても絡みやすい場合は先に小さな錘やビーズなどをつけるのも一つです。また天秤のサイズを変えることでも絡む率はかなり変わります。この吹き流しは多くのメリットがあり、まず海中で漂うので食いが立つ、そして錘をつけないので細い幹糸でも問題がなく、これも食いをよくしてくれます。また当然ですが潮の流れがあるところではコマセと同調しやすくなります。

 吹き流し投げサビキは、遠投性はカゴ釣りには及ばないものの一般的な投げサビキよりはかなり飛びます。あとは付けエサの点ですが、フルスイングしなければオキアミをエビ反りに刺せばそれなりに持ちますので、付けエサにしか反応しない場合はつけることもできます。

 なお少し手間ですが、サビキはスキンにしか反応しない時、ハゲ皮が良いとき、そして付けエサしか反応しない時などがありますよね。その都度仕掛けを変えていては手間ですし時間がかかりますので、私は市販のスキンとハゲ皮を半分に切って結び、ミックスサビキとしています。元からこのような製品もあるようですがやや高価ですしね。その際ハゲ皮はやや大きめの針にして、付けエサをつけられるようにしておきます。スキンはもともとあまりエサをつけるのに不向きですので、すれた魚用に小さめの針のものをセットします。

 例ですが、スキン小針2本、ハゲ皮3本、内2本につけエサをセット、これで投げてどれにかかるか様子を見、例えばスキンばかりかかるようでしたらすべてスキンに変えるのもあり、です。もっとも、エサ確保の際はそんなに多く釣る必要もないですので、単純にトラブル軽減のためハゲ皮以下を切り落とすといった選択肢もありです。

 次点「蓋つき下カゴ投げサビキ」は、投げサビキのもう一つの一般的手法である、ウキ、サビキ、下カゴ、という仕掛けの、下カゴを蓋つきの下カゴに変えただけです。これは、手軽でトラブルも少ないですし、遠投して深場を攻める際も下カゴの弱点である「タナにたどり着くまでにエサが出きってしまう」という問題をクリアしてくれます。しかし、吹き流しほどの遠投性は無く、幹糸を太くする必要があり、そして海中を漂わないため食いはさほどではない、というデメリットは残ります。

 本当のところ、吹き流し投げサビキも完ぺきとはいいがたいものですが(遠投性…100mは飛びません、付けエサ…投げれば投げるほど外れます…収納カゴのようにフルスイングは無理です)、現時点では最も手っ取り早くエサの確保につながる手法ではないかと思います。足元でいくらでもエサがつれるときには何も考えないことですが、どうにもエサがつれない時にはお試しいただくのもよいのではないでしょうか。

 

                                      文責 Y

コメントをお書きください

コメント: 4
  • #1

    失礼します (木曜日, 14 12月 2017 03:03)

    磯や堤防で泳がせ釣りをする私にとって、とても興味深い記事です。
    もし宜しければ以下の質問に御回答をお願いします。
    一,「サビキ釣り」「吹き流し投げサビキ」「蓋つき下カゴ投げサビキ」でこの記事主様がおもに使用されている竿、リール、道糸などのタックルの詳細を知りたいです。
    ニ,記事主様はサーフでの泳がせ釣りは経験されているでしょうか。もし経験されているのであれば、どのような餌調達の方法を採られているのでしょうか。

    この様な書き込みをし、図々しいにも程が有るように思われるかもしれませんが、御回答して頂ければ幸いです。

  • #2

    Y (木曜日, 14 12月 2017 08:46)

    ご質問ありがとうございます。
    参考になるかわかりませんが以下の通り回答させていただきます

    一、私自身は軟竿派でフロートロッドを泳がせに使うことが多いので竿はそのままフロートロッドを使います。リールは中型スピニングリール、ラインは道糸は泳がせ用の物をそのまま使います。具体的にはPE3号などです。これにサビキ仕掛けを結びます。アンバランスな部分もありますが、基本的にできるだけ荷物を少なく、エサ調達用に別タックルを持っていくのは好みではないためこのようにしています。
    ただ最近は本当にエサが近距離では釣れず、別竿での遠投カゴ釣りでエサ調達をすることも多くなりました。50m以上飛ばす必要がある場合はサビキ系ではなくカゴ釣りに分があると思います。私はカゴ釣りに関してはきわめて初心者ですので当初は手返し、トラブル面からやや否定的でしたがこの釣りでしか釣れない状況というのが確かにあるように感じます。
    二、サーフでも泳がせはしますが堤防やテトラが入っている小規模サーフが主体で、広大なサーフでというのはあまりしません。前者のサーフでは普通に投げサビキで調達しますし、アジなど回遊がない場合は投げ釣りでキスを釣り餌にします。後者の広大なサーフではキスしかエサにしたことはありません。

  • #3

    失礼します (木曜日, 14 12月 2017 14:55)

    御回答して頂きありがとうございます。
    追加での質問で恐縮ですが、記事主様の返信内容に書かれている「カゴ釣り」をされるときの竿、リール、ライン等のタックル詳細を教えて下さりますか。

  • #4

    Y (木曜日, 14 12月 2017 16:43)

    カゴ釣りは普通のカゴ釣りタックルで、5.3m遠投磯竿、中型スピニング、道糸4号、といった感じです。カゴはシャトルタイプでエサが収納できるもの、ウキは遠投用の羽根の付いたウキです。ハリスは2.5~3号、針は状況に応じ適宜、です。