リールのハンドルは右巻き?左巻き?

 唐突ではありますがよく議論となるリールのハンドルは右巻きか左巻きかということについて、少し考えてみたいと思います。(右利きと仮定します)

 センターピンはwallis castの都合上左巻きしか事実上選択の余地がないと考えてよいと思います。仮に右巻きをするとなると長いフロートロッドを利き腕でない腕でシングルハンドキャストしなくてはいけなくなりかなり無理が生じます。BCスイングしかしないのであれば右巻きも可能でしょう。

確かに右巻きにすると超高速巻きが可能になり、磯などで一気に巻き上げたいときにギア比1:1のセンターピンの最大の弱点を少しばかりはカバーしてくれるとは思います。ただ、人力ドラグを非利き手でやることになりここでもデメリットがあるため、総合的に見てやはりセンターピンは左巻きが正解といえそうです。

 問題はスピニングでしょう。個人的にはエサを用いる釣りは右巻きが有利と考えています。それは、第一に着水早々からアクションをつけるような必要性がほぼ皆無のため、竿の持ち替えが不利にならないこと、第二に、エサの交換等が仕掛け回収からそのままスムースに行える(竿の持ち替えが要らない)ことの2点により、左巻きの優位性がほとんどないことがまず前提にあります。そのうえで、右巻きには、フロートロッドのようなロングロッドの場合特にダブルハンドでいなしたりやり取りする場面が出てきますが、右手を竿尻に持つことで延べ竿と同じスタイルのやり取りがやりやすくなるメリットがあると思います。

 仮に左巻き、つまり右手で竿を持っていると、どうしても利き腕ですのでその腕だけで、すなわち片手で竿の操作をしてしまいがちになり、やり取りにスキが出やすくなるように感じます。もっとも、これは個人的な趣向の問題でもありましょうが。

 無論シングルハンドロッドでのライトな釣りは、左巻きにして右手で竿を持つほうが良いと思います。

 最後に両軸リールですが、両軸はスピニングに比べ右巻きも世間的には多いように感じますが、それはパワフルに巻くということとキャストの際ハンドルが上になったほうがバランスが良いということが背景にあるようです。

ただ、投げ竿や磯竿でのダブルハンドキャストの場合、ハンドル云々はあまり関係がないですし、結局スピニング同様の話になってくるように思います。個人的にはこちらも右巻きが有利な場面が多いように感じます。

 ルアーではほぼ左巻き一択のようになっていますが、左巻きが有利なのはバイトまでの話であって、ファイト中は必ずしもそうではないように思います。左手でフォアグリップのさらに上のブランクをもって両手で耐えるような場面を洋の東西問わずリール竿を扱うアングラーではよく見かけますが、竿を生かすという意味ではきわめて非効率的な方法かと感じます。無論意図的に竿を短尺化した力任せのパワーファイトであれば理に適ってはいますが、右利きの人間が左巻きをすると無意識にこのスタイルをとりやすくなるということでもあります。竿尻まで生かすならば、右巻きで右手は竿尻を握るべきだと思います。