フロートフィッシングの世界

フロートフィッシング用C10フロート
ニッポンのフロートフィッシングのために開発されたC10フロート。本流でも下流域でもお使い頂けます

フロートフィッシングの世界へようこそ

 川の流れにウキを乗せ、遥か彼方まで流し釣る…

フロートフィッシングの魅力は、極めて広範囲を効率的かつ魚に警戒されずに釣ることが可能という点にあります。この釣りはセンターピンリールという日本ではまだなじみの無いリールを用いることで劇的に洗練され、よりよい釣果がもたらされますが、まずはスピニングリールで始めることも十分可能。また、ウキを使えない様な急流では、あえてウキを外す釣法もご提案します。まずはフロートフィッシングの世界に「足を踏み入れる」ことから始めてみましょう。


フロートフィッシングとは

 フロートフィッシングとは、読んで字のごとくウキ釣りを意味します。しかし文化圏によって想起される釣りのスタイルはやや異なり、ヨーロッパではフロートフィッシングというと下流域、止水域でのコイ科の魚狙いのウキ釣り、リールはスピニングかセンターピンリールです。一方北米でフロートフィッシングというとスチールヘッドやサーモンのウキ釣り、リールはセンターピン、ベイトリール、スピニングのいずれも使われます。前者は必然的により繊細なタックル、後者はややルアー的なタックルとなり、実際、後者ではルアーやイミテーションベイトもしばしば用いられますが前者は基本餌釣りです。流し方で言うと、前者は緩い流れでセンターピンによってゆっくり流したり、殆ど固定的に釣ったりする一方、後者は流れに乗せてどんどん流して行く釣りです。

 使われるロッドは、ヨーロッパのフロートフィッシングではマッチフィッシングロッドやフロートロッド、北米の鮭鱒狙いのフロートフィッシングではフロートロッドが用いられます。これらのロッドはどれも柔らかめのルアーロッド~磯竿の様なロッドで、多くは13ft~15ft程度のレングスを有する並継の3ピース(2ピースやマルチピースも一部あります)ロングロッドです。マッチフィッシングロッドでは1号以下の細いラインを使ったりする為ガイドは極めて小さくまるで磯竿ですが、フロートロッドではとりわけ北米のフロートロッドはガイドの凍結を防ぐため8mm程度のガイドリングから始まるロッドもあり、ルアーロッドに似た様相となっています。

 本サイトでは、フロートフィッシングとは①フロートロッド(あるいはマッチフィッシングロッド)を使い②ウキを使った流し釣り(ただしノンフロート釣法も紹介していきます)と定義し、リールの種類は問いませんが欧州でのスピニングリールでの固定的な釣り、いわゆる日本でも「ウキ釣り」と呼ばれる釣りは除外して考えます。いわば、フロートロッドでの「流し釣り」ということです。(ただし「止水域/緩流域の釣り」においては固定的な釣りの一部についても解説をします)