鮭などの遡上魚釣りに シビアな本流フロートフィッシング

センターピンリールとフロートロッドで釣られた鮭

 本流フロートフィッシングは突き詰めていけば非常に難易度の高い釣りである。単純に浅く広く探るならさほどでもないが、本流竿での脈釣りの様な緻密な探りを行おうとすれば、困難を極める。本流での釣りの要は如何に底を取るか、ということであり、別項「本流でのフロートフィッシング」では主な対策としてまとめ打ちを選択しいくらかのC字オバセを許容しながら流すという手法をご紹介した。また、本流スティックシンカーによる引き摺り流しは、確実に底を取りたい場面で有効である。

 一方で、こういった或る程度のオバセを許容したり、引き摺り流しの様なウキ先行を認める釣りは、ドラグドリフトでの本流竿の釣りの様な感度や緻密性は実現不可能だ。これは糸が竿先から錘まできちんと張っているからこそ実現できるものであり、オバセを許容する釣り方では肩を並べることはできない。

 本流釣り、といっても色々な魚が対象となるが、捕食性の魚、ニジマスやアメマス、ヤマメ、アマゴなどはある程度オバセを出して「余裕」を持たせた釣り方でも対応できるだろう、というよりも、むしろそのほうがよいかもしれない。しかし、例えば鮭の様な遡上魚では、ピンポイントできちんとストップをかけ鼻先に餌を持って行き尚且つ小さなあたりを取るということが求められる。本流竿でのドラグドリフトはまさにこれをすべてかなえてくれるので、サケ釣りにおいて竿が届く限り本流竿での釣りが最良の手法といわれる。少なくとも、アタリの数という点では。

 ではフロートフィッシングでこのような緻密な釣りは如何にしてなされるか。北米ではスチールヘッドやキングサーモンまでがセンターピンリールでのフロートフィッシングによって釣られているが、彼の地の河川と日本の河川を同一視することはできない。また、魚の状態も異なる。平たく言って、日本の河川はより急峻で、魚の状態もより早期に捕食性をなくす。したがって、よりシビアな釣りが求められる。


 では何をどうするか。まず、ウキ先行では無くエサ先行で流すということを大前提で考える。かなりのデッドドリフトが必要とされるケースも多い中で、基本的にドラグをかなり掛けた流しとなる。殆ど止めてアピールすることもあろう。しかも、比較的長い時間、である。

  そのような中で、強い流れによって簡単に吹きあがらない仕掛け、ということだが、ここでは、単純にまとめ打ちを選択するのではなく、もうひと工夫ほしい。 まとめ打ちでは、ウキと錘の間のオバセが大きく出てしまい、また、エサ先行にしにくい難点がある。遡上魚狙いではきちんとエサ先行にして鼻先に持って行く 必要があるので、ひとまず水深の中層辺りに大きめのガンダマを複数まとめて打つ。これは、絶対に底を擦らないような位置に、である。この中層の大錘とウキ をしっかりとめることで、ウキとこの大錘までのラインをきちんと張る。本来、ウキ直下の表層流は最も強いので、ウキ下のラインの吹きあがりを阻止するに は、この辺りに錘をしっかり打つ必要があるように思えるだろう。しかし、錘自体も体積があり、錘を打つことで水流をより受けることにもなるし、また仕掛け 全体で打てる錘の量には限界があるため、この部分は敢えてオモリなしとする。ドラグをかなり掛けて流すので、ウキ自体を流れの中で安定させる意味でウキ直下に錘を打つ必要もあまりない。