鮭などの遡上魚釣りに シビアな本流フロートフィッシング

センターピンリールとフロートロッドで釣られた鮭

  問題はまだもうひとつある。アタリをいかに取るか、である。エサ先行でドラグを掛けた流しでは、捕食性の魚なら手感でアタリを取ることも十分可能だ。反転して引くなどすれば容易に分かる。しかし、口にくわえたまま、といった鮭のアタリをどうとらえるか。原理上、エサ先行で餌をくわえてもすぐには感じにくい。これは本流竿でのドラグドリフトでも同じだが、本流竿の場合かならず竿先への上方向の感度があるので違和感をすぐに察知できる。しかし、ウキのあるフ ロートフィッシングでは本来上方向の感度はウキが担うべきだがドラグを掛けた流しではウキは上流側に寝て感度という意味ではいま一つである。解決策は、やはりストップアンドゴーである。というよりも、ごくわずかな引っ張り、リトリーブである。止めて、緩めて流して、止めて、時に少し引っ張る。ここで、アタ リを得る。実は、本流竿での釣りでも、微妙に上下に仕掛けを引っ張り感度を高めたりしている。要は、ずっと流しているのではなく、時に止める、さらに言え ば少し引っ張る、これで感度は格段に上がる。無論、ラインはしっかり水面から離そう。

  ウキでアタリを取りたい場合は、全く別の仕掛けもある。どんな急流でもウキ下をしっかり垂直にするような強力なシャツボタン打ちで。餌からすぐそばまでラインを縦に張る。これだとウキにアタリは出やすい。ただ、水深が一定になるのでピンポイントでの釣りに向いている。また、はっきり言うと上から吊るされた ような形の餌に魚は食い付きにくい。やはり斜めや水平方向に伸びたラインの裂きの餌の方が食いは良い。解決策は、底付近で胴突き仕掛けのような形にすること。ウキでアタリは出にくくなるが、ウキ下のラインが垂直で短い為感度は比較的ましである。


 どうしようもない急流ではノンフロート釣法の選択も必要だが、ウキ仕掛けのメリットは長距離を流した際にウキ以上のラインを水中から離すことができ、近距離でも長距離でもしっかりとしたコントロールができることにある。従って近場狙いとロングトロッティングでそれぞれ使い分けるのが良いだろう。

ミニQ&A

Q1. どの程度の「重量級」錘をどの程度の位置につけどの程度のシャツボタンを続けるのか

A1. 状況によるが表層流をしっかり切れるだけのメインレッド(沈ませる大錘)をおおよそ水深の7割程度につける。あくまでも1つの例で、例えば水深が1mであれば、10gの中通しスティックシンカーをウキから70cmの所に付ける。その後シャツボタンで4B、3B、2B、B…と続けて行きウキ下1.5mでスイベル、そこから50cmハリス(ハリスの中央にはB程度のガンダマ1つ…ラインの吹きあがり防止)、そして餌である。これでライン角度45度で流せば理論上は底ギリギリを流すことができる。

無論、水流が強ければメインレッドは20gかもしれないし30gかもしれない。

一方で、末端のガンダマはあまり変えることはない。どのような場所でも底層流はかなり緩やかであり、末端に4Bや3Bをつけることは殆どない。

Q2. ライン角度は45度が良いのか、60度が良いのか、あるいは30度が良いのか

A2. どの角度が良いとかではなく、そもそも水流に対して相対的にメインレッドが軽ければ、ライン角度を浅くして寝かせるしか仕方がない。ヘビー級のメインレッドで立て糸的にできるなら60度で行ける。その場合ウキ下は1.2倍程度でいいだろう。逆に30度で流して行かなければいけないなら2倍必要。

両者のメリットデメリットは以下の通り。一長一短ある。

【ラインを寝かせる】

○軽仕掛けで行ける。深場に差し掛かっても対応できる。

×末端のガンダマを小さめにしないとネガカリしやすい。オバセができウキ先行になり易い。かなりドラグを掛けた流しにならざるを得ない

【ラインを立てる】

○オバセができにくくなりネガカリしにくい。ドラグを緩めた流しも出来る

×深場に差し掛かるとタナが足りなくなる(ハリス部分を長めにとっておくとまし)、仕掛けが重くなる

Q3. シビアな状況で、どうしても底付近を餌が流れているか確認しながら流したい

A3. PEラインを用いてロッドのフォアグリップの上を左手で添えるようにして流してやると、錘、特にスティックシンカー等のメインレッドが石にあたるのを感じることはできる。この状態でドラグを書けながら流せば底が取れているかは確かめられるが、無論脈釣りほどの感度は期待できない。底が砂などでは感じ取るのは至難の業だし、ロッドの性能にもよる。またあまりメインレッドが底を擦るように流れるという事はよほど上手く流さないとネガカリの危険が常にある状態という事である。

Q4. エサ先行で流している時にネガカリを早く検知したい

A4. ウキだけを見ていると錘が引っかかってもすぐには変化が現れないのは周知の通り。ウキ先行になった時点で初めてウキが下流を向き引っかかったのだと分かる。一方、よく観察するとウキが下流を向く前には必ずウキがネガカリで引っ張られ立つ瞬間がある。ウキが立てばかかる水流、水圧は大きくなる。結果としてよく集中してA3のようなセッティング、構えで流していると、ウキが立った時に鈍く引っ張られるような感触を感じ取れる。この段階で少し引っ張ってやれば早々にネガカリが取れてスムースに流しを続けられる。

エサ先行で流すドラグドリフトでは、フロートフィッシングとはいえども手感が大変重要になる。ウキ釣りにして脈釣りなのがこの釣りなのである。(ウキは仕掛けの流し役とマーカーに過ぎない)