瀬での流し方を考える~フロートフィッシングでの清流攻略~

センターピンリール

  日本のフロート、センターピンフィッシング環境を考えるとき、2つのメインフィールドが想起される。1つは、下流域でのコースフィッシングスタイル。具体的にはウキが先行しないと流れてくれないような流速で、コイやフナを狙うというもの。実は、流しという観点で見れば、このフィールドは難易度が低い。もはや、選択の余地は無く、ウキ先行で流すしかないのであるから。そして、ウキ先行はセンターピンリールの人力ドラグテンションにおいてはほぼフリー、あるいは回り過ぎを少しセーブするだけでいいから気も楽である。 時々ドラグを掛けて吹きあがりを演出したり、障害物を避けたりすることはあっても、基本的にはウキがオートマチックにオーバーデプスな(タナいっぱいよりも長めにとった)ハリスと針が底をトレースしてくれるので、のんびりと釣りができる。ドラグを掛けないので、ウキが手前に寄ってくることも少ない。WagglerウキでC字オバセを作ってとろとろ流す釣りなどでは、尚更である。

 もうひとつのフィールドとは、いわゆる清流域である。これはオイカワやカワムツがいるような中流域で、ヤマメやアマゴがいるような上流域ほどの流速は無いが、下流域よりは明らかに流れは強く、それでいて 水深はあまりない様な場所、とでも言うべきだろうか。本流釣りにおける本流域はもっと水深があって流れの太さもある。そこまでは行かない場所である。

 この清流域とは、広義の瀬を含むことが多い。瀬の定義も難しいところがあるが、概して流れが速めで水深は浅めとでも言うべきだろうか。この、瀬でのセンターピンフィッシングは、しばしばロングトロッティ ングを可能とし、下流域ののんびりとした釣りとはまた違う楽しみがある。そして、この瀬での流しの延長線上に、本流域での鱒狙いのシビアなドリフトが提起されるのである。


フロートフィッシング関連コンテンツ(北米スタイル中心)