瀬での流し方を考える~フロートフィッシングでの清流攻略~ Vol.3

センターピンリール

 さて、テストラインを過ぎたら、徐々にドラグを掛けて行く。ウキが遠くになればなるほど、ドラグをしっかりかけてもウキが手前にはよりにくい。ここからは好みで流していけばよいだろう。これが、まず要素1への解である。そして同時に、要素2への解ともなっている。
 残りの要素3だが、これは錘の打ち方に関連してい る。瀬での流しにおいては、バルクショット、つまりまとめ打ちはあまりお勧めできない。水深があまりないので急激に沈める必要が無く、表層流にもまれてい る中でウキをしっかり立たせるには、常にある程度のサスペンド状態の錘が要る。つまり、まとめ打ちだと、錘が少しひっかかかるとウキが向負荷状態となるた めウキに不安定性が生じやすい。シャツボタンスタイルの連打ちだと、下の方のわずかな錘が底を引き摺ったりすることはあるが、概ねの錘は水中にありウキに負荷を与え続ける。また、まとめ打ちした錘はネガカリし易いが連打ちの一部だと問題は起こりにくい。瀬は水深が無いため連打ちでも底は取れる。したがって連打ちがベストな選択肢となる。
  ここでまた一つ、流しにおいて底を叩くものは何か という話題について触れておこう。テストラインにおいて引き摺っているのはまず間違いなく錘であるべきだ。ハリスだけが引き摺っているならウキの頭はほぼ 垂直、これではその後の吹きあがりに堪えない。まとめ打ちならばそれそのもの、連打ちであれば下層の錘。オーバーデプスにすればするほど連打ちの多くの錘 が引きずることになる。さて、テストラインを終えていざ餌先行に切り替えても、時折仕掛けが引っ掛かりウキが止まることがあろう。しょっちゅう引っかかる ようではオーバーデプスすぎるかドラグが弱すぎるかどちらかだろうが、時折仕掛けが引っ掛かる、つまり、錘が底を捉えていることは大事なことである。仮に何の障害も無くスムースに流れて行くのなら、仕掛けが底を取れている保証はどこにもないではないか。吹きあがり過ぎて中層を漂っているかもしれない。下流域での英国スタイルのトロッティングでは、底を引きずるのは基本的にハリスであって錘では無い。(例外もあるが。)それはウキ先行では錘が引っかかっていては力負けするし、ネガカリのもとになるだけであるし、しかもハリスが沈下するほどの低速な流速だからこれを活かさない手は無いのである。清流の瀬で は、基本的に錘より先のハリスや針はV字に浮かんでいると考えるべきだ。ならば、底を叩くべきは何か、錘しかない。

  餌先行で錘が底を叩くことを流しの失敗と捉える人 もいるが、時折の叩きはむしろ正解への根拠となり得ると思う。ちなみに、遠く流していくと、ウキの頭がどこを向いているかなど見えなくなり、餌先行の流しでないと殆ど勘の釣りになることがある。ウキ先行で遠くを流しているとウキが沈んでも底に引っかかったのかアタリなのか判断しにくい時があるが、餌先行でドラグを掛けていると、ウキの変化は見えなくとも手感でアタリを感じることがある。餌先行でのロングトロッティングは実はロングな脈釣りに一部通じるところがあるのである。数十メートルのロングトロッティングではこの点からも餌先行が有利だろう。