トロッティング 魚とのやり取り ラインはいくらでも出せるが、 出せば出すほど戦況は不利になる。センターピンリールでのやりとりはただ リールに任せてラインをどんどん出すだけ で良いはずが無い。とりわけ大型の鯉との やりとりでは、このリールでは逆説的に思 えるかもしれないが、ラインを出来るだけ 出さないやりとりが求められる。

良く釣れるがバラシも多い?

 トロッティングは極めて効率的な釣りである。長距離を流し人影なく探ることができるので釣果を早々に出すことも容易だ。一方で、センターピンリールという特殊なリールを使うがために、最初のうちは色々慣れない部分が出て来るかもしれない。例えば、バラシが多い、とか。

 中型以下の魚ではあまりこのようなことに遭遇することはないかもしれない。このような魚はリールに任せてラインを出しながら遊ばせていても自然とよってくる。問題は、大型である。とりわけ鯉も80cmを越えるようになると、カープロッドに比して圧倒的に柔らかいフロートロッドやマッチフィッシングロッドでは、それなりの対策が必要になる。

 センターピンリールは人力ドラグのため、慣れないと不都合が起こることもある。例えばアワセの際、相手が大物なおかつ口の硬い魚だと指だけの人力ドラグでは十分な合わせが決まらないこともある。対処としては左手を添えてフルロック状態で合わせる。

 やりとりでも注意が必要だ。人力ドラグは慣れないと強く握り過ぎてラインブレイクを起こしたり逆に緩すぎて魚を走らせすぎたりする。指だけのドラグではフルロック状態にはならないので、とりあえずこれで対応しさらに締めたいときは左手を添える。いくらセンターピンリールがラインをフリーに出せるからといって、いつでもフリーに走らせていては獲れる魚も獲れなくなる。よほどのオープンスペースで意図的に行うなら良いが、基本は出来るだけラインを出さないやり取りを心がける。

 センターピンリールの致命的な短所は、ギア比が1:1であることによるリトリーブ速度の遅さである。魚がこちらに向かって走った際、急いでスプールを叩いてもラインの緩みが出て針が外れることがある。もっとも、このようなケースは多くはない。しかし、リトリーブ速度が遅いということは、いわゆるポンピング的なやりとりには絶対的に不向きであるということだ。このリールはラインを出すのは簡単だが、巻上げるのは時間がかかる。従って、簡単にラインばかり出しているとどんどんやり取りの時間が長くなり、バラシの確率が高まる。無用なライン出しは避けたい。


竿さばきをいかにするか

 別にセンターピンリールだからといって特殊な竿さばきが必要なわけではない。ただ前述の通りポンピングは避けたい。柔らかいフロートロッドを使うため、強引なやりとりも禁物、しかし、確かに穂先は軟らかいもののフロートロッドはバット部分はそれなりのパワーがあり意外と胴で矯めることが容易である。竿のイメージに惑わされ、リールの特性に甘えてラインを出し過ぎると後で困ることになる。

 ある意味、フロートロッド+センターピンのやりとりは、延べ竿のそれに似ている。基本は竿でいなし、延べ竿なら一歩前に出るところで代わりにラインを出す。どうしてもこのリールを使うと、竿では無くリールでやり取りしがちになる部分があるかと思うが、決してそれは正しくない。リールのラインの出し入ればかりに気を取られ、竿の動きが単調になっていると良くない。きちんと矯めて、竿で魚を浮かせる、ということを意識するようにしたい。最悪なのはリールで引っ張り合いをすることである。