完全フカセ釣りは下流域の鯉釣りから中流域まで対応する

完全フカセ

 完全フカセ…船釣りや磯釣りでも良く耳にする言葉ですが、センターピンリールという極めて少ない抵抗でラインを送りだせるリールの特性を最大限発揮できるのがこの釣法でしょう。ノンフロート釣法同様にウキは付けずに針と餌だけで釣る方法です。基本的には下流域など流れの緩やかな場所に向いていると思われがちですが活性の高い時期等は中流域や本流域の釣りでも有効な釣法です。また魚がすれている時にも有効です。さらにテクニック次第では表層から底層までをレンジごとに探ったりもできる、シンプルですが奥が深い釣法でもあります。なお、この釣法はスピニングリールは不向きです。極めて繊細なラインコントロールが必要とされる為センターピンリールの使用が前提となります。


針しかつけない、極めてシンプルな仕掛け

 ノンフロート釣法同様、フロートを使わないフロートフィッシング、いや、もはやフロートフィッシングでは無いが、一応センターピンを使った釣りの一つとして紹介したい。完全フカセは、その名の通り一切錘を付けず針と餌だけで流して行く釣りである。船釣りや磯釣りでも同様の釣りは存在するが、センターピンリールというリールを用いることでこの釣りはより繊細かつ効率的な釣りとなる。

センターピンリールを用い完全フカセで釣り上げられた鯉

適したシチュエーション

 どのような場所、またターゲットでこの釣りを用いるのか。まずは下流域のトロッティングである。下流域はもちろんウキを付けた通常のトロッティングでも十分釣りになるが、ウキとガンダマがスレている魚には邪魔になることもある。また、どうしてもウキがあると厳密な意味での流れとの同調は難しく、わずかにスピードが変わる。これをスレた鯉などはよく見ており、食いに影響することがある。そんな場合でも、針と餌だけを付けた完全フカセならば限りなく自然な流しが可能となる。

 タナが固定されないのも大きな利点である。ウキ仕掛けでは全遊動にでもしない限り変化するタナを全て攻略するのは困難である。引き摺り流しは底をトレースするのには向いているが、本来自然に流下してきた餌がたどる道筋を餌が通ることはない。

 完全フカセの最大のメリットは自然流下した餌に最も近い軌道で付け餌を流せることにある。本来吹きあがる場所、逆に底へ沈みこむ場所、複雑な流れの中でこのような動きを再現するには完全フカセ以外に方法はない。

 さらに、いわゆる清流域や中流域と呼ばれる流れの比較的あるような場所でも、この釣りは有効である。とにかく自然に餌が流れる為、捕食性の魚が警戒する要素が少ない。一方、底をきっちりトレースするのは難しく、活性の低い時期はやや不利である。夏場など活性の高い時期で、なおかつ魚がスレているような時にとりわけ有効である。

 加えて、海での活用ももちろん面白い。