本流フロートフィッシング

センターピンリール

 センターピンフィッシングで本流域を攻めるということは即ち北米スタイルのスチールヘッディングを基盤とする事と捉えられがちであるが、日本の本流域を考えた時、必ずしも彼の地のメソッドをそのまま流用すればよいということにはならない。
 日本の本流域と北米のそれがどのように違うのか、 という点も確かに一つだが、それよりもむしろ、日本の本流域における釣りのシビアさを考えた時、より厳密に底を取るということが意識されてしかるべきであ ろう。太い流れの中で、確実に底を取りながら、スローに流すという本流釣りの要素がそのまま、センターピン・フロートフィッシングでも成されなければ釣果 は見込めない。現実的な話をすれば、延べ竿で届く範囲に限れば、本流竿での釣りの方がよほど繊細かつ丁寧な釣りが可能であるし、釣果も上がるだろう。
 それではセンターピンフィッシングでの本流攻略 は、ただ単にセンターピンが好きな者だけの嘲笑すべき劣ったメソッドなのか。無論、そうではない。明らかに、一度に攻める範囲は広く、大物への対応にも 勝っている。本流竿での釣りが限られた区域を徹底的に攻める、狭く深くのメソッドであるとすれば、センターピンの釣りは広範囲をざっと攻める、広く浅くの 釣りである。ただし、文字通り「浅く」釣っていたのでは、日本の本流域での釣果は振るわないだろう。本流域でのセンターピンフィッシングの要は、間違いなく底取りである。
 シャツボタンスタイルでスムースに流していても釣れるような場所、活性の高さであれば、本流の釣りも取り立てて難しいものではない。デッドスローで底ギリギリを何度も攻めて初めて魚が出るのが常であるから、この釣りは難易度が高く、だからこそ挑戦のし甲斐がある。
具体論へと話を進めよう。まずリグは、シャツボタンの連打ちは補助として使うのはありとしても、メインの錘はガンダマのまとめ打ちか、中通し錘が良い。なぜか。無論、太い流芯でさっさと沈めないとリグが浮いたまま距離を損するのであるから、というのもあるが、錘が底石を叩く感触がしっかり分かるようにするため、というのが大きい。シャツボタンの下層部の小さなガンダマが底を叩いても感触として伝わらない。更に、瀬と違い、本流域の水深は変化が多く、また、表層流も荒いため、テスト的にウキ先行で流して錘が底を引きずっているか確認しても、判別が難しいこともある。シャツボタンは錘の総重量の全てが着底する事はまずないので、引き摺りが不十分ではっきりしないことがある。一方、まとめ打ちであれば全ての錘が引きずるため、ウキへの変化が読み取り 易い。ウキ先行でテスト的に流しても、大きく棚が余ればきちんとウキは寝る。シャツボタンだとウキ付近の錘があるので半ば自立状態を作ることがあり、変化 が読みにくい。