ノンフロート釣法で釣り上げられたサケ

ノンフロート釣法

 日本の延べ竿での脈釣りとフロートロッド+センターピンリールでの釣りを融合させたのがノンフロート釣法。表層流がウキを引っ張りどうしてもフロートフィッシングでは攻略できなかった急峻な水系を攻めるのに用います。また、ベタ底狙い、ドラグをしっかりかけて流したい遡上魚狙いや、感度が重要なシチュエーションでも有効です。

どうしようもない急流、深場

 フロートフィッシングは多くの釣り場で有効だが、時にどうしようもない急流や深場が存在する。とりわけ高低差が激しく河川に急流が多い日本ではこのような場面に遭遇することも稀では無い。荒々しい流れの中では、ウキはもまれ、どれだけ緻密にコントロールしようとしても途方もない表層流で流されていく。このような場所は、やはり本流竿での脈釣りしかあり得ないのだろうか。

ウキを外すという選択

 こういったケースでは、もはや選択肢はウキを外すしかない。しかし、それでどうやって釣りを展開するのか。まずはタックルを確認することから始めたい。フロートロッドにセンターピンリール、ラインは特に派手で視認性に優れたPEラインを必ず用いる。メインラインのPEは1.5号くらいを標準に適宜調整する。そして注意すべきは、このような細いPEではWallis castが行いにくいため、20m程度の3号程度のPEラインまたはフロロカーボン(この場合4号程度)を中間ラインとして接続する。そしてそのPEの先には好みに応じて1m~数mのフロロカーボンライン(透明)を接続し、フロロの先にはBoeCen親子サルカンをセット。荒瀬の中では錘はBoeCen本流スティックシンカーを基準に、より激流では5号錘などを用いる。あるいは、もう少し穏やかな本流域で、よりネガカリを防ぎ脈釣り的に繊細に攻めたいならば5Bのガンダマ2個から始めても良い。この場合はサルカンなどはもちろん要らない。ハリスは同じくフロロで60cm程度~1m程度まで好みに応じ。そして針をセットする。

 とにかく感度が命なので、できるだけPEやフロロ等感度に優れたラインを用いるのがポイント。ただし、Wallis castでの利便性を考慮して太いPEを中間ラインとして用いるのである。ノッティンガムしか行わない場合はこれを省略するのもよいだろう。

センターピンリールを用いノンフロート釣法で釣り上げられたサケ
ノンフロート釣法を用いればドラグを掛けた流しが容易になりサケやサクラマス等の遡上魚狙いに対応できるようになる

フロートフィッシング関連コンテンツ(北米スタイル中心)