ノンフロート釣法で釣り上げられたサケ

ノンフロート釣法の実際

 本流スティックシンカー等重量級錘でのセッティングで仕掛けをキャストしたら、おそらく少しの間はラインを張ってブッコミの状態で錘を止めておけるだろう。数秒からそれ以上、好みに応じ、待った後にほんの少し竿先を上げて錘を浮かせ、それと同時にわずかにラインを送りだしてやる。この作業が、センターピンリールだと容易にできるが、スピニングなどではラインの出し過ぎに注意したい。ベイトリールであればセンターピンリール同様に比較的楽にできるだろう。

 これを繰り返すことで錘をボトムバウンシングさせながら前進させていく。どんなに上手くやっても、仕掛けは徐々に手前に寄ってくるため、あまり長距離を流すことはできない。20m程度を基準に丁寧に探っていくことを心がける。

 ガンダマを用いてより脈釣り的に攻める場合、自然と仕掛けが引っ張られていくであろうからわずかにわずかにラインを出して行く。センターピンリールでないと難しいだろう。竿先を少し上げる動作はあまりしなくて良い。ポイントは、常に錘が底を叩くのを感じながら流すこと。これを感じなくなったら実はラインを送りだしていても錘が引っかかっていてC字オバセが大きくなっているだけの場合がある。こういったミスを防ぐには時折の竿先上げでのチェックは有効だが、ガンダマ相手でこれをやり過ぎると仕掛けが浮き手前に寄り易いので留意したい。

注意点

 注意すべきは、常に錘から竿先まではラインが張った状態にしていくことだ。糸を送りだす際に、ついつい多く送り出しがちになるが、それは錘と竿先の間にC字オバセ、糸ふけを作りだすだけである。一旦糸ふけができると解消するのに錘をかなり引きよせてしまうことになる。また、感度も落ちる。

 スティックシンカー等を用いるならば、釣りのスタイルとしては止め釣り、つまり、脈釣りというよりも、ブッコミ釣りを急流で行った際に錘がどんどん転がって行くのを、意図的に行わせる釣りに似ている。したがって、スムースに仕掛けが流れて行くようでは、錘が軽すぎる。少なくとも数秒は錘が止まっていられる重さを設定したい。

 この釣りでの大敵は、とにもかくにもオバセである。できるだけ竿先を上げておくことは、水中にあるラインの量を減らすことに繋がりオバセの減少につながるだけでなく、感度向上にも役立つので是非お勧めしたい。ほとんど竿を垂直に立てても良い。ラインを細くするのも水切りを良くし有効だが、万が一のラインブレイク時に出来るだけラインを水中に捨てなくて済むよう、必ずハリスと中間ラインのフロロよりも強い号数のPEを使うこと。

例:PE1.5号+キャスト用PE3号20m+フロロ10lb数メートル+ハリス(フロロ)8lb


フロートフィッシング関連コンテンツ(北米スタイル中心)