シャツボタンかまとめ打ちか…フロートフィッシングのショッティング

フロートフィッシングで釣られた鯉
 フロートフィッシングにおいて錘の打ち方は大別して2つ、連打ちかまとめ打ちである。この2つ、使い分けを改めて考えて行く中でその特性を少し深く掘り下げて行くことは非常に有用だろう。
 連打ちが用いられるのは次のような場面だ。
  • 下流域の殆どの場面・・・ネガカリも少ないし自然な餌の沈下やプレゼンテーションが可能
  • 清流・本流域での瀬・・・水深がそれほどない(~1m台)、流速がそれほど強くない、底が石でありネガカリし易い→連打ちが有利
  • 急流での極めて浅い瀬・・・極めて浅い場合、例え流れが強くともまとめ打ちではネガカリが多発し自然に流れにくい
 逆にまとめ打ちが使われるのは次のケース
  • 下流域で極めて水深が深く、中層に餌取りが多い場合・・・さっさと底まで餌を届けたいケース
  • 本流域の多くの場面・・・流れが強く連打ちでは仕掛けが沈みにくい、水深に変化が多くC字オバセを出しやすいまとめ打ちが有利
  • 止め釣りを行う場合・・・連打ちでは物理的に行えない。大錘でブッコミ釣りのように固定して釣る方法。止水域での鯉釣りにも有効。

 このように見てみると、おおまかには、連打ちは流れが緩やかか水深が浅い所でネガカリをあまりしないで釣るのに役立ち、まとめ打ちは急流や深場で有効ということが分かる。そして、重要なのは、連打ちは水中でのオバセは少なく、まとめ打ちは大きいということだ。
  これは即ち、連打ちは感度に優れ、とりわけ餌先行 で流している時の手感でのアタリとりにも有効であるということだ。いわば水中のラインを重さのある鉛ラインにしているようなものであり、オバセは少なくなり結果として棚設定も水深とニアリィイコール~1.5倍程度に取るのが普通だ。
これはウキへの底叩きの変化などを多く出させ、手感での感度も良くし、ネガカリ時にも少しのバックで解消を図れるが、一方で、魚が感じる違和感は増し、水深が急に深くなった所では、底をしっかりトレースできないケースもある。