シャツボタンかまとめ打ちか…Vol.2

フロートフィッシングに用いられるセンターピンリール

  一方のまとめ打ちでは、ウキと錘の間のラインは大 きなオバセを形成していく。とりわけ本流域では、まず間違いなくこの部分にオバセは多かれ少なかれ生まれてしまう。このC字オバセを、敵と見る考え方はむしろナンセンスだろう。逆にこれを多くとり、餌先行ならぬライン先行だと割り切って流すならば、このC字オバセはオートマチックに錘を引っ張りながら底を トレースし、かつ急な深場の出現時にはその余裕のある棚設定でそこをカバーしてくれる存在として機能する。一方、感度という点ではウキへの変化の出方、手感共にマイナス要因となることは否めない。

  なお、ここで主に問題としているのは清流・本流域 以上であり、下流域では実はまとめ打ちの選択肢は殆どない。なぜならまとめ打ちされた錘が少しでも底につけばウキは弱い流れで引っ張る力もないので止まってしまい、ネガカリのもとになる。かといってC字オバセを作るほど水流も無いのでこれで引っ張っていくわけにもいかない。そもそも、ウキ先行での流しをするようなところではまとめ打ちは基本的になじまないのである。下流域でも大きな河川の本流で流す時はそれなりに力のある流れがある場合もあるから、そのようなときに初めてまとめ打ちの可能性が出てくるが、それでも、多くの場合連打ちの方が良いだろう。連打ちの中でも下の方に重心を置いたスタイルにすればことは足りるはずだ。下流域は概して水深が一定であり、C字オバセによる急な深場への対応はあまり必要ではないことが多い。仮に必要だとしても、1.5倍程 度にオーバーデプスにしておき長めのハリスにおまけのガンダマをセットしてずるずると連打ちの下層からハリスを引き摺りながら流していけば良いだろう。

  実際には連打ちにも色々なパターンがあり、単純化 は出来ないのだが、それでも、まとめ打ちと連打ちは決定的に違う点が、錘が分散しているか否かということだ。錘が一極にあれば、構図はシンプルになる。連打ちではウキのすぐ下にも錘があり、ウキをいくらか自立状態にしており、更に下層の錘が引きずったとしても錘のあくまで一部でありウキに変化が出にくい (表層流の荒い本流域の場合)。まとめ打ちだとこのあたりがシンプルかつ明瞭になる。流れが強くどうしてもなにかとはっきりとした動きがないと分かりにくい状況の本流域では特に、この点からもまとめ打ちをお勧めする。

 一方で、これはあくまでも引き摺り流しを肯定的に見た場合の話であって、極めて感度が優先される場面では本流でも連打ちとドラグを掛けたドリフトが必要になることもある


フロートフィッシング関連コンテンツ(北米スタイル中心)