フロートフィッシングで釣られた鯉

エサよ底にいるか?

 底を取れているのか分からない、ということは多いだろう。間違いなく底を取れているか判断する方法は引き摺り流しをすれば一目瞭然である。ウキが下流を向いて震えながら流れていれば底を取れている。したがってドラグドリフトをする場合も一度引き摺り流しをしてみてタナを確認するのは有効だ。しかし、最初の一投が最もチャンスのあるものであるという考えでは、こういった試しのドリフトは行いにくいだろう。

 まとめ打ちあるいは中通し錘で、ドラグドリフトで流して行くならば、近距離なら錘が底を叩くのが手感で分かるかもしれない。しかし、ラインを出せば出すほど、これは困難になる。

 ドラグドリフトで、なおかつ錘をシャツボタンスタイルで打っている場合、錘が底を叩く感覚を手で感じるのは困難だ。ウキも、斜めになっているので判断材料にはならない。従って、確実に底を取れているかという確証を得ることは、事実上困難である。

 実際問題、底をなめるようなドリフトはドラグドリフト+シャツボタンでは難しい。ある程度、底から数十センチの範囲を許容するならば、底取りは推測によって実現される。どの程度のガンダマで、どの程度の水深とどの程度の流速ならばどの程度吹きあがるのか、経験によってそのデータを積み上げる。透明度の高い川等で、ガンダマに色を付けドラグをかけながら流す等して実験をするのも良い。


  とはいえ、水深が深い場合は予想以上に吹きあがりがあることがあるので、実際問題としては水深の中層、と思しき所に間違いなくずどんと沈む大錘を打ち、そ こからシャツボタンのガンダマ打ちを始める。大錘は絶対に底を叩かないレベルに打つ。これにより、極端に仕掛けが表層まで吹きあがるということは回避でき る。後は、流すスピードを変えることで吹きあがりを上下させ、くまなく探る。ストップさせれば仕掛けが上がり、緩めれば下がる。ただ、ずっとストップして いると、だんだんと下がっても行く。最も、ウキも手前によって来るが。