センターピンリールでのフロートフィッシング

PEラインとフロートロッド、センターピンリール

 フロートロッドは往々にして足が高く小さなガイドが付いており、PEラインとは正直あまり相性が良くない。比較的大きな、例えば6mmか8mmサイズのリングのついたトップガイドから始まるようなロッドで、なおかつさほどハイフレームでないならば、PEも問題なく使用できる。ただ、センターピンリールを用いるならば、充分に慣れない限りwallisキャストはPEラインではバックラッシュの危険性が高まるので、フルキャストはやめておいた方が良い。重めのリグで軽くキャストするならば良いだろう。一度キャストさえすれば、軽いPEはラインメンディングなどではむしろ有利な部分もある。感度の面では非常に優れており、ドラグを掛けた流しならば有効性が見出せる。なお、錘を打つ中間ライン、ハリスは必ずフロロカーボンまたはナイロンとするのは言うまでもない。やりとりでは、PEは伸びが無くあまり硬いロッドだとはじいてしまう部分があるが、フロートロッドではその心配はあまりないだろう。ただ非コーティング系のPEは腰が無くひょうんなことでラインがリールハンドルに絡まったりトラブルの元になるので、注意したい、やり取り中にそのようなことになるとまず間違いなくラインブレイクとなる。