センターピンリールで釣り上げられた鯉

ネガカリ王

 ネガカリが多すぎる、という場合、いくつかの対処法がある。まずはドラグドリフトにすること。流すスピードを遅くする。それでもだめなら最も下のガンダマを軽くする、あるいは上へずらす。タナ自体を浅くするのは最終手段だ。これは底を取れなくする可能性があるからだ。吹きあがりの状態で流して行っても底が取れないのは同じじゃないかと言われそうだが、吹きあがりの程度はスピードの変化で変えられるがタナ自体を浅くした場合どうあがいても届かない深さが出て来る。

 極端な話、ハリス部分を長く取ってウキ下が水深の3倍以上、これでドラグをかけて流す、これでも構わない。かなり寝かせた流しになるだろうが、水深の浅いところではこのような流しも十分ありである。

 またこういった流しの場合はハリスには必ずフロロカーボンを使う。流れがさほどでもないところでは、フロロの重さだけでハリスを沈める様な攻略だと最もネガカリが少ない。

 とにかく、ネガカリが多いからといってすぐにタナを浅くしないこと。針から最初の錘までの距離を空けることがまず第一に行うべきことなのだ。