BoeCen C10フロートで始めるフロートフィッシング・トロッティング

 BoeCen C10フロートではセンターピンリールまたはスピニングリールとの併用で本流域でのフロートフィッシングとトロッティングによるカープフィッシングの二種類の釣りが楽しめます。ここではこの2つの釣りのタックル例と概略を紹介します。

ニジマスなどの本流釣りタックル例

本流域で鮭鱒類を狙うフロートフィッシングでのタックル例

 本流域でのフロートフィッシング…本来は下流域でコイ科の魚を釣るために欧州で生み出されたセンターピンリールでのウキ釣り、これを北米の釣り人がスチールヘッドを本流域で釣るためにアレンジしたのがフロートフィッシングです。日本での本流域での鮭鱒釣りに、このフロートフィッシングを是非用いてみましょう。ネガカリしにくく、沈下速度も速いBoeCen本流スティックシンカー。このシンカーと共にC10フロートをセットし、引き摺り流しで着実に底を攻める、これが流れの強い本流域でのベースとなる流し方です。タックルは上図の通り。リールはセンターピンリールがベストですが、ポイントとなる筋が遠い場合は逆にスピニングリールが良い場面も。流れが強いためさほど繊細な回転性能は求められず、スピニングリールではベールを起こしたまま手でラインの出を調整し流して行く手法で十分対応できます。


フロートフィッシング関連コンテンツ(北米スタイル中心)