BoeCen C10フロートで始めるトロッティング・カープフィッシング

シャツボタンスタイルでのタックル例

下流域でのトロッティングでのタックル例。カープフィッシングが主体となります


 トロッティングによるカープフィッシング…流れの緩やかな下流域での釣りには、シャツボタンスタイルでガンダマをウキからハリス迄に幅広く、また数多く打つ方式がおすすめです。この仕掛けですと自然な餌の沈下、流しが可能となります。かつてセンターピンリールでコイ科の魚を釣るために欧州で用いられたクラシカルな釣りのスタイルです。
 下流域では主にコイ科の魚を狙うこととなります。タックルは大きなコイがかかっても問題ないようなもので挑みましょう。センターピンリールで あればドラグを自分の手で如何様にも出来る為一般的なフロートロッドや磯竿であれば殆どのサイズの鯉を釣ることが可能です。スピニングリールを用いる場 合、ボイリーでのカープフィッシングやアオリイカ釣りなどに用いられるリアドラグのドラグ調整が行いやすいものを用いると、柔らかいフロート系ロッドでも メーターに迫るコイを釣ることが可能です。基本的にトロッティングはどんどん流して行く釣りですのであまり障害物が多い=根に入られやすい釣り場では向い ていません。したがって比較的オープンなスペースでの釣りとなるでしょうから、柔らかい竿と自在に操れるドラグのリールでやりとりをしっかり楽しむのが良いでしょう。

鯉釣り
大型の鯉もフロートフィッシングで上げられる
中型の鯉はセンターピンで狙いやすい

 タックル解説
基本的には上のタックル例の通りです。シャツボタンスタイルの配置パターンについてはこちらをご覧ください。
ハリス+スイベルはメインライン直結として使用しなくとも構いません。また、鯉狙いの場合はきちんと餌が底にあるほうが良い場合も多いので針付近にガンダマをプラスするのも有効です。
  水深が1m程度であればC10は中通しでは無くゴム管固定で使用した方が感度も良く便利でしょう。なお中通しで使用時はスピニングリールで遠投するとハリ ス以下がメインラインに絡みやすいので、ウキ下にもウキ止めを付けてウキとスイベルの間の距離を開けておくと絡みが生じにくくなります。センターピンリールでのwallisキャストは絡みも起きにくくこのような配慮は不要です。

スピニングリール使用時は上下にシモリ玉、ウキ止めを付けてウキをスティックシンカーからハリス分以上離すようにするとライン絡みが少なくなります

スピニングリール使用時は上下にシモリ玉、ウキ止めを付けてウキをスティックシンカーからハリス分以上離すようにするとライン絡みが少なくなります

鯉はセンターピントロッティングの最も大きく、そして最も釣り易いターゲットの一つです

 釣り方
仕掛けをポイントより上流に投入し、餌が底を這うように流して行きます。基本はウキが流れに従って流れるのに任せますが、流れが速すぎると思ったら糸の出を セーブして(センターピンリールなら指でドラグを掛けて、スピニングリールなら指でスプールを抑え)、スピードを調整します。あまりセーブしすぎると仕掛 けが浮き上がり、また仕掛けが手前に寄ってくるので注意します。どうしても早く流れすぎる場合は仕掛けを重くする、タナを深くするなどの方法があります。 特にタナを深くするとガンダマの一部が底を擦ると時折ウキが沈みながら進むようになります。これでかなりスピードはゆっくりとなりますがネガカリも多くなりますので状況に応じ調整します。
 ウキの頭が下流側を向いてぞろぞろと流れていれば仕掛けは底を擦っています、逆にまっすぐ立ってスムースに流れている場合錘は着底していませんが餌は底を擦っている場合と餌すらも底についていない場合があります。あまりスムースに流れすぎる場合は少しタナを深くします。ドラグを掛けて流している場合は否応なしにウキの頭は上流側を向きます。あまりこれを続けていると餌が 吹きあがってばかりの時もあるので注意します。ただし、時折吹きあがらせるのは誘いとなり効果的です。
 流す距離は好みですが大きな河川では数十メートル流すことも可能です。ただしネガカリ時、外しにくくなるので流し過ぎは注意しましょう。

時々ドラグを掛けて餌を吹きあがらせると誘いになります

時々ドラグを掛けて餌を吹きあがらせると誘いになります