ヨーロッパオオナマズ釣り 各釣法解説

ヨーロッパオオナマズ釣りは怪魚釣りの頂点だ

フロート、ブッコミ、ブイ、ブレークライン、ストーン、そしてクロンク…欧州で独自の進化を遂げたヨーロッパオオナマズ釣りのメソッドを解説。

 欧州では絶大な人気を誇るヨーロッパオオナマズ釣り。当然、専門に狙うアングラーはより多くの、そしてより大きなヨーロッパオオナマズを求めて数々のテクニックとリグを生み出してきた。日本ではほとんど知られていないこのヨーロッパオオナマズ釣りの世界を、各釣法の解説を通してここではご紹介したい。本場でヨーロッパオオナマズ釣りに挑戦する方はもちろん、きっと日本の巨大魚釣りにも応用できるメソッドがあるはずである。

おそらくヨーロッパオオナマズの釣法の中でも最も特徴的な釣法。流れの中でウキ仕掛けを固定するために対岸に捨て糸を張るという手法はボートを多用しロングセッションの釣りを行う欧州ならではだが、大変機能的かつ効率的な釣りである。

ブレークライン同様捨て糸を用い大きな石で仕掛けを固定する。ブレークラインが活性の高い時期の釣りとすればこのストーンフィッシングはその逆。冬場などでピンポイントの底を狙うのに特化した釣法。副次的ではあるが鉛錘を使わないので環境負荷も低い。

日本のノマセ釣りなどでも用いられるウキの泳がせ釣りは単純で分かり易くシンプルなのが魅力。一方待ちの釣りにはやや不利なところがあり流れの強い場所では事実上手持ちでしか用いることができない。

こちらも日本でも良く使われるシンプルな手法。水中ウキを用いポップアップスタイルにする手法は日本の巨大魚釣りなどにも応用したい。

ルアー釣りは日本では人気があるが欧州のヨーロッパオオナマズ釣りではむしろサブ的要素が強い。待ちの釣りであるブレークラインなどの合間に行うアングラーも多い。生き餌に比べ数、サイズ共に出にくいが活性が高い時期は効果的かつ効率的。

ボートで真下を釣りながらクロンクと呼ばれる木の棒で水面を叩きヨーロッパオオナマズをおびき寄せながら釣る手法。おおよそヨーロッパオオナマズにしか使えない手法であろうが、中通しロッドの使用や独特の形状のクロンクで水面を叩きながら魚を寄せる醍醐味は大きい。


エクエス 9ft 3ピース ヨーロッパオオナマズをはじめとした淡水の巨大怪魚からソルトでのGTまで、ルアーゲームから餌釣りまで。そしてショアからボートまで。

ヨーロッパオオナマズ、怪魚、GTロッド eques(エクエス)

EQUES TRAVEL BUDDY 9ft 3ピース  POLE&LINE ダイレクトショップ販売価格(税抜):46,250円(税込49,950円)