50kgクラスのヨーロッパオオナマズ

ブッコミ釣り ヨーロッパオオナマズ釣り 釣法解説

ウキ釣り同様最もシンプルで分かり易いブッコミ釣り

基本コンセプトと仕掛け

 ブッコミ釣りは日本でも広く行われており大変分かり易くシンプルな釣法だ。ヨーロッパオオナマズ釣りでは100g~300g程度の大きな錘を用いるが構造は何ら変わりはない。ロッド等のタックルはブレークラインストーンフィッシングに準じる。竿立てもこれらに準じるが自動アワセが決められるほどラインは張れないのでしっかりあわせることが大切。仕掛けそのものの基本はメインラインに中通し錘を通しラバービーズを通した後大型のローリングスイベルを結び、その先にケブラーまたは十分な強度、100kgクラスのナイロンのハリスと1本または2本針の泳がせ仕掛けとなる。針にはシュリンクチューブを被せておくと金属を嫌うナマズに効果的かつ絡み防止にもなる。なお餌は泳がせとしたが場合によってはデッドベイトでも良い。またドバミミズの房掛けも効果的。ハリスは1m程度で良い。これは遊動仕掛けであるが半遊動にしても良いし固定でも良い。錘も中通し以外にもカープフィッシングの様なカン付きでセーフティリグを組んでも良い。要はブッコミ釣りなので派生や応用は幅広い。

 水中ウキでポップアップスタイルに

中通しの水中ウキ。色々なサイズがあり餌に応じて使い分けるようになっている。

 カープフィッシングでもポップアップというのがあるが、ブッコミ仕掛けではともすれば餌が完全に底に着いてしまいアピール力に欠ける場合がある。またネガカリ等を起こしやすい場合もある。さらに死に餌の場合は特に餌を浮かせないとヒット率は極端に落ちる。このような場合には例えば2本針なら針と針の間にウキ止めで固定された中通しの水中ウキをセットし餌を浮かせる。ウキのサイズは餌に応じて変えるが、例えば魚であれば数十グラムの物を用い、ドバミミズなど小さな餌では10g程度迄の小さな水中ウキを使う。

 水中ウキは専用の物も販売されているが普通の中通しウキを用いても良い。

 この釣りのメリットとデメリット

 シンプルで分かり易く誰でも始められる一方で、やはり流れのある場所ではどれだけ大きな錘を使っても流される場合がある。ポップアップスタイルはハリスの長さでタナを決められるがかといって表層を狙うのにはあまり適しておらず活性の高い時期にはブレークラインの様な釣りが有効になる。

 流れが緩ければ待ちの釣りも可能となり多くの竿を出すこともできるのでヒット率も高まる。仕掛けのセットにボートが必要ない点は有利だが実際ヒットしてからのやり取りではボートが合った方がキャッチ率は高まる。


エクエス 9ft 3ピース ヨーロッパオオナマズをはじめとした淡水の巨大怪魚からソルトでのGTまで、ルアーゲームから餌釣りまで。そしてショアからボートまで。

ヨーロッパオオナマズ、怪魚、GTロッド eques(エクエス)

EQUES TRAVEL BUDDY 9ft 3ピース  POLE&LINE ダイレクトショップ販売価格(税抜):46,250円(税込49,950円)